Twitter https://twitter.com/gashin_shoutan の別館です。
主に旅での出来事につき、ツイートでは語り切れなかったことを書いたりしたいと思います。

順天の旅[201908_03] - 曹渓山登山②曹渓山将軍峰登頂、山道を2時間弱歩かないと食べられない麦飯

前回のエントリーの続きです。

本年(2019年)8~9月の全羅南道(チョルラナムド)順天(スンチョン)市を巡る旅の2日目、2019年8月30日(金)です。

 

曹渓山登山道地図
前回も紹介したようにこの日の予定は、順天市の実質的な最高峰であり、以前からどうしても登ってみたかった曹渓山(조계산:チョゲサン、884mまたは887m)の登山です。目指すはその最高点、将軍峰(장군봉:チャングンボン)。
韓国でも無数にある山の中でなぜ曹渓山に強いこだわりがあるのかというと、まずひとつは以前に全10巻を通読した趙廷来(조정래:チョウ・ジョンネ、1943-)氏の大河小説『太白山脈』(태백산맥:テベクサンメク)の作中にて、この曹渓山が登場人物のパルチザンたちの潜伏する山として度々登場したこと。事実、1948年10月の「麗水・順天事件」から朝鮮戦争(韓国戦争)休戦後の1950年代半ばまで、曹渓山からも近い智異山(지리산:チリサン、1,915m)を根城にパルチザンたちが活動していました。『太白山脈』は主舞台でもあり順天市とも隣接する全羅南道宝城(ポソン)郡筏橋邑(ポルギョウプ)で舞台巡りをするほどお気に入りの作品であり、その一舞台である曹渓山に登りたいという思いが長らくあったからです。

麗水・順天事件:1948年10月19日に全羅南道麗水(ヨス)市にて発生した、国防軍第14連隊の一部将兵による蜂起およびその鎮圧過程における一連の事件の総称。「麗順事件」ともいう。李承晩(이승만:イ・スンマン、1875-1965)初代大統領ほか親日派(日本による植民地支配への協力者。日本語の「親日」とは意味が異なることに注意)を主流とする韓国政府の単独樹立、そして当時進行していた「済州4.3事件」への鎮圧出動命令などに反発した同連隊の将兵2千名あまりが蜂起し、同市や隣の順天市をはじめ全羅南道東南部を掌握。蜂起軍は鎮圧軍(国防軍)により8日後に鎮圧されたが、その過程で1万人以上とされる市民が主に鎮圧軍側によって虐殺された。なお蜂起軍の一部は鎮圧直前に智異山方面へ逃走、その後山中に潜伏してパルチザンとなり反政府武装闘争を継続し、朝鮮戦争期には朝鮮人民軍の支援を受けつつ休戦後まで活動を続けた。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925224610j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190930230918j:plain
またもうひとつは、この曹渓山を挟むように2つの古刹があること。西側には前回エントリーでも紹介した、かつて16人もの国師を輩出した「僧宝寺刹」として韓国の「三宝寺刹」のひとつに数えられる「松広寺」(송광사:ソングァンサ。写真1枚目)、また東側には「山寺、韓国の山地僧院」のひとつとしてユネスコ世界文化遺産にも登載された「仙岩寺」(선암사:ソナムサ。写真2枚目。次回エントリーにて紹介予定)がそれぞれ位置しており、曹渓山登山とあわせて両古刹の探訪ができるからです。そうした背景もあってか曹渓山は1979年に全羅南道の道立公園に指定されたほか、2009年には松広寺・仙岩寺とあわせて名勝第65号「曹渓山松広寺・仙岩寺一円」にも指定。さらに韓国の100大名山のひとつにも選定されています。

これまで私が韓国で登った山といえば、柳寛順(유관순/류관순:ユ・グァンスン/リュ・グァンスン、1902-1920)烈士の郷里でもある忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市東南区(トンナムグ)並川面(ピョンチョンミョン)の梅峰山(매봉산:メボンサン、167m)、そして京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市八達区(パルダルグ)、水原華城(ファソン)の一部をなす八達山(팔달산:パルダルサン、146m)の2山のみ。いずれも200mにも満たない、丘と呼んだ方がよさそうな山ばかりです。
また登山といえば、小学生のときに遠足で登った500m級の山(それも頂上まで車道があるほどなだらかな山)が最後で、それっきりまともな登山など一度たりともしたことはありません。果たしてこんなど素人の初心者に、900m近い山が登頂できるのでしょうか……。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225111j:plain
松広寺から少し歩くと立派な竹林が。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225137j:plain
松広寺から10分ほどで、「ホンコル入口(イック)」(홍골입구。コルは「谷」の意)という最初の分岐点に到達。
ここを右に進めば、天然記念物第88号の「双香樹」(サンヒャンス。和名:リシリビャクシン)で知られる「天子庵」(천자암:チョンジャアム)へ行く道ですが、曹渓山将軍峰へ行くには大回りとなってしまうので今回はパスします。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225206j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225213j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225233j:plain
しばらくは、いくつかの橋を含むなだらかな坂を登ります。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225259j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225310j:plain
登山道沿いを清流が流れます。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225421j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225429j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225439j:plain
松広寺から40分ほどで、第2の分岐点である「トタリサムゴリ(토다리 삼거리)」に到着。
トタリはかつてここにあったという「土の橋」、サムゴリは「三叉路」の意で、ここからは「クルモッチェ(굴목재)」という峠や曹渓山2番目のピークである「ヨンサン峰」(연산봉:ヨンサンボン。851m)を経て将軍峰へ向かう遠回りのルート(右)と、「ピアコル(피아골)」と呼ばれる一帯を通過する短絡ルート(左)に分かれています。私はここで短絡ルートを選択。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225449j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225503j:plain
このピアコル越えが大変険しい道で、登山道はそれまでとは異なり、道というよりも大量の岩石が道状に積まれたルートになっています。干上がった沢を想像するとよいでしょう。雨の日などはこの道が沢と化すのかもしれません。たまに水が流れている現役の沢とクロスし、一瞬どちらへ進めばよいのか分からなくなりますが、そのときは遠くに続く道らしきものを見つけて針路を取ります。そうしていると案外迷わないので、慣れてくるとだんだん楽しくなってきました。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225512j:plain
『順天広場新聞』のこちらの記事によると、ここピアコルは1920年代の地図には「災害や戦乱などの災厄から隠れ住む深い谷」を意味する「避厄洞(ピエクトン)」と記されており、それが音韻変化によりピアコルになったと推定されるとのことです。それを裏付けるかのように、それから時代が下ったパルチザンの活動期、彼らはこのピアコルー帯に隠れ家を築いたといい、その跡が現在も残るそうです(今回は未訪問)。ただ同じ記事によると、一般に地図上でピアコルと記されている一帯は、避厄洞に由来するピアコルの位置とは若干異なる位置だとのこと。私が通ったこのピアコルがどちらなのかは分かりません。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225521j:plain
将軍峰への短絡ルートであるためか傾斜もきつく、途中で何回かの小休止を挟みつつの登山となりました。そんな小休止中、とあるポイントにて撮影。
本エントリーをお読みいただいている皆様の中には「まだ暑い盛りの8月末に登山なんて……」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。私も計画段階ではそう思っていましたが、この日の曹渓山は日なたこそ暑いものの登山道の大半を占める木陰は総じて涼しく、またこうした休憩中、汗びっしょりの身体に風が吹いてきたときなどは普段暑がりの私でさえむしろ寒いほどでした。登山には真夏でもウインドブレーカー等の装備が欠かせない、その意味を身をもって感じた瞬間です。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225553j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225602j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225619j:plain
トタリサムゴリから1寺間半ほどでピアコルの険しい山道を抜け、「ヨンサン峰サゴリ(연산봉 사거리)」に到着。松広寺からは約2時間10分。このあたりはすでに標高800mを超えているようです。
サゴリは「四叉路」の意で、右(ステンレス製の案内板では上向き矢印)が将軍峰、左(案内板では下向き矢印)がヨンサン峰、まっすぐ(案内板では右向き矢印)が仙岩寺方面への将軍峰を経由しない短絡ルート、そしていま通って来た松広寺方面のピアコル越えルートの四叉路となっています。もちろん将軍峰方面へ。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225632j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225644j:plain
ヨンサン峰サゴリから15分ほどで「チャンバッコルサムゴリ(장박골 삼거리)」に到着。この区間はヨンサン峰と将軍峰とを結ぶ馬蹄形の尾根づたいに進む縦走ルートで、さほど起伏のない比較的楽な道が続きます。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225652j:plain
遠くにはようやく将軍峰らしきピークが。しかし案内板にも「1.8km」とあるように、まだまだ先は長いです。
少しなだらかな道が続いた後、いよいよ将軍峰への最後の坂と思しき急階段が続きます。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225811j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225828j:plain
そして午後0時半、ついに将軍峰頂上に到達。松広寺を発ってからここまで約3時間10分を要しました。
初めての登山らしい登山、それも念願の曹渓山登頂。万感の思いが胸に迫ります。

 

f:id:gashin_shoutan:20191013231840j:plain
頂上石の裏面 。「昇州(スンジュ)郡」とは、かつて曹渓山を含む一帯にあった郡の名前です。1995年に順天市と合併したことにより消滅しています。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225846j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925225908j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230049j:plain
曹渓山将軍峰の頂上広場。木々に覆われているため眺望はあまりよくありませんが、頂上石周辺の岩に登ると周囲の山々を見渡すことができます。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925225931j:plain
こちらの写真中央にある山は「母后山」(모후산:モフサン、919m)。実はこの母后山も頂上を挟んだ東半分は順天市に属しており、曹渓山よりも30mあまり高いこの山こそが真の順天市最高峰です。
しかし母后山はその西半分が同じ全羅南道の和順(ファスン)郡に属し、メイン登山ルートもまた和順側であるためか、一般には和順郡の山だと認識されているようです(頂上の碑石にも和順郡とのみ刻まれている)。したがって山全体が順天市に属する山、あるいは順天市だと広く認識されている山としては曹渓山が最高峰だといえるでしょう。そしてなにより松広寺と仙岩寺という2大古刹をその両脇に従え、後述するように数多くの伝説を抱く曹渓山は順天の人々にとって「鎮山」(진산:チンサン。都や村を鎮護するとされる大きな山)というべき存在です。本エントリー冒頭で「順天市の実質的な最高峰」と書いたのは、これらの理由からです。

そして母后山の後方、写真右奥にある山は「無等山」(무등산:ムドゥンサン、1,187m)。光州(クァンジュ)広域市の最高峰であるとともに同市の「鎮山」であり、光州を最も象徴する山です。そうした存在であるため、同市内にて1980年に発生した「5.18民主化運動」(光州事件)の被害と抗争を記憶する文脈で無等山に言及した記録物も数多く存在しています。
無等山の山頂一帯は軍施設があるため普段は立入禁止ですが、年に2日だけの解放日(要予約)には登山客が詰めかけるとのこと。山頂付近にある韓国の天然記念物第465号「柱状節理」も壮観だと聞きます。私もいつかあの山を登ってみたいと強く思います。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230216j:plain
将軍峰の頂上で休息を取り、いよいよ仙岩寺へ向かっての下山を開始します。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230259j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230308j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230249j:plain
将軍峰頂上から10分ほど下った場所にある写真の大きな岩は「ペバウィ」(배바위:ぺは「船」、バウィは「岩」の意)といい、その名前の解釈からいくつかの伝説が伝わっているそうです。以下、案内文を拙訳したものです。

ペバウィ伝説
ペバウィには船岩と仙巌に区分される伝説がある。
第一にペバウィ(船岩)は、この岩に船をつないだという由来から出た名前である。
「はるか昔、世の中すべてが水に浸かる洪水が発生すると、人々はとても大きな船をこの岩につなぎ、耐えた末に助かった。」
実際にペバウィには船をつないだという大きな丸い鉄の輪っかが埋め込まれていたと伝わるが、その輪っかは船を結んでいた伝説の輪っかではなく、日帝強占期に脈を断つために日帝が埋め込んだ鉄柱の一種だという説もある。
二番目はペバウィ(仙巌)、すなわわち神仙バウィと関連する由来は「昔、神仙たちがこの岩の上で囲碁を打ったとして神仙バウィと呼んだ」という伝説と、「粛宗の代、護岩禅師が観世音菩薩に会おうとこの岩の上に登って百日祈祷を捧げて悟りを開いたことがあり、仙岩寺に円通殿を建て観世音菩薩を祀り、寺の名前を仙岩寺とした」という伝説がある。
また「善良な男やもめと孫が僧侶の教えに従ってペバウィの上で洪水を避けて助かった」という伝説が『松光郷誌』に記されている。

これらのうち最後の洪水に関する伝説は、こちらのページによると大体次のような話です。
昔々、曹渓山麓の村に貧しくも純真な男やもめ(妻に先立たれた夫)の老人と孫が暮らしていました。ある日、その老人からなけなしの施しを受けた僧が、「谷にある石仏の鼻から血が流れたら洪水が起きます。そのときは岩(ペバウィ)に登ってください」という言葉をお礼に残して去ります。それを聞いた老人は、石仏の様子を毎朝見に行くよう孫に命じました。そうして3年。朝早く石仏を見に行かせる行為を孫いじめだと解釈し老人を疎ましく思っていた村人たちは、ある日ついに老人を殴り、手に付いた血を石仏の鼻になすりつけます。その後いつものように出かけた孫の目前には、胸にまで血を流す石仏の姿が。報告を聞いた老人は僧の言葉に従って岩へ避難するよう働きかけたものの、村人たちは老人がいよいよおかしくなったと無視。仕方なく孫と岩に逃げたところたちまち村は洪水に襲われた、というものです。
このような「石仏(地蔵)の顔を赤く塗ったら洪水が起きた」という類の伝説は日本にもあるので、その類似性に驚いてしまいました。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230320j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230345j:plain
将軍峰頂上から20分あまりで写真の「チャグンクルモッチェ」に到着。ここには複数のベンチが置かれています。ここからも仙岩寺への短絡ルートがあります。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230333j:plain
将軍峰頂上から50分ほど下った地点には山中なのに公衆トイレがあり、さらに進むと視界が広がってきます。道の脇には次の目的地のものと思しき畑も。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230412j:plain
そしてついに目的のポリパッ(보리밥:麦飯)屋さん「曹渓山ポリパッチッ元祖チッ」の看板が。将軍峰頂上からここまでほぼ1時間。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230422j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230437j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230446j:plain
こちらのお店は1980年創業。徒歩、それも山越え以外にはアクセス手段の一切ない人里離れた山奥で、曹渓山の登山客のためにポリパッや自家菜園で採れた野菜、山菜を出してきました。そうしていつしか曹渓山登山に欠かせない名物となり、いまや地図や案内標識にまで当たり前に記載されるほどの存在となっています。現在のお店は数年前に移転したものだそうで、通ってきた道の少し手前(山)側にはそれらしき店舗跡がありました。ちなみにこちらのお店、元々の店名は「曹渓山ポリパッチッ」でしたが、その後すぐ近くに後述する「アレッチッ」ができたため、末尾に「元祖チッ」を付けたのだそうです。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230530j:plain
お店の敷地内には木製の客席のほか、大きな縁台がいくつも。この日は平日(金曜日)だったためか先客は2~3グループほどでしたが、週末になるとこれら縁台がいっぱいになるほど登山客で賑わうそうです。野趣を味わうため私も縁台に腰掛けます。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230627j:plain
お店の庭には水車が回っています。数年前に電気が入るまでは、こうした水車での自家発電に頼っていたとのことです。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230621j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230605j:plain
チャンドッテ(장독대:自家製醤油や味噌などの甕置き台)、薪で炊く大きな釜。とてもいい雰囲気の庭です。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230643j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190930225447j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230710j:plain
そして、お待ちかねのポリパッ。ポリパッそのものは黒米らしきものが入り、ほの赤く色づいています。スープはシレギクッ(시래기국:大根の葉と味噌のスープ)でしょうか。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230655j:plain
あらかじめ山菜などが並べられたボウル。こちらにポリパッを投入し、しっかり混ぜてピビンパッのようにして食べます。このように混ぜて食べるのが韓国のポリパッの一般的な食べ方です。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230718j:plain
しっかり混ぜ混ぜして、ぱくり。ああ、うんまい。いい感じの歯ごたえと香りのある大麦入りご飯と山菜などの具の調和がすばらしいです。ポリパッにこれだけたくさんのおかずがついて、7,000ウォン(約640円)で楽しめるという。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230730j:plain
後からやって来た「ヌルンジ(누룽지)。釜で炊いたご飯のおこげをお湯で溶き、その香ばしさを楽しむためのもので、他に味付けはありません。韓国の飲食店では食後の飲み物としてたまに出てきます。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230738j:plain
食べ終わった後、ジャガイモを茹でたものがサービスに出てきました。味付けはちょっと付けられた粗塩のみ。こういうシンプルなのがまたうんまいのです。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230510j:plain
こちらのお店「曹渓山ポリパッチッ元祖チッ」の営業時間は午前10時(週末は午前8時)~午後4時30分、名節(旧正月・秋夕)は休業。前述したように徒歩以外のアクセス手段は全くありません。同じ曹渓山麓でも松広寺よりは仙岩寺の方が近いため、最も近い公共交通機関は順天市内バスの「仙岩寺」バス停ですが、まずそこから徒歩で約20分の「仙岩寺三印塘(サミンダン)」まで歩き、さらに山越えの道をひたすら歩いてようやく到達できる場所にあります。私の場合はこの逆(ポリパッチッ→三印塘)の道のりを1時間40分ほど要しました。つまりバスを下車して山道を2時間弱は歩かないと口にできない味ですが、それだけの価値はあると思います。曹渓山登山とあわせてのご訪問を強くおすすめいたします。
あと、こちらのお店は松広寺~仙岩寺間の登山道で唯一の給水スポットです。キンキンに冷えたミネラルウォーターのボトルが1,000ウォン(約90円)で手に入りますので、その意味でも訪れていただきたい場所です。

曹渓山ポリパッチッ元祖チッ(조계산보리밥집 완조집:全羅南道 順天市 松光面 クルモッチェキル 247 (壮安里522))

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230826j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230800j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230817j:plain
元祖チッの前から写真1枚目の坂を下ったところには、後からできた「曹渓山ポリパッアレッチッ」があります。アレッチッとは「下の店」の意。こちらも評判の高いお店だとのこと。私も参考にしている韓国SBSテレビの番組『ぺク・チョンウォンの3大天王』で2017年に紹介されたのはこちらのお店です。次にこの地を訪れる機会があるならば、こちらのポリパッも食べてみたいものです。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230907j:plain
先ほどの膳の中にもあった、ポリパッチッのケンニッ(깻잎:エゴマの葉)畑を横目に見つつ、元来た道を戻ります。ところで韓国料理に頻繁に用いられるエゴマと、日本のお刺身には必ずと言っていいほど付いてくる大葉(シソ)は、種のレベルで全く同じ植物なのです。みなさんご存じでしたか?

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230930j:plain
「曹渓山ポリパッチッ元祖チッ」を出て、 いよいよ最終目的地の「仙岩寺 (선암사:ソナムサ)」へ向かいます。まずはいったん 「仙岩クルモッチェ」まで元来た道を戻り、 そこから仙岩寺方面(右)へ曲がります。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925230944j:plain
ポリパッチッから仙岩寺までのルートは 「仙岩寺キル」(キルは「道」の意) と呼ばれます。 割と平坦だろうと勝手に思い込んでいましたが決してそんなことはなく、 山ひとつ越えるルートのために途中までは上り坂がえんえんと続きます。 将軍峰登頂で体力の相当数を使い果たし、もう峠は越えただろうと安心しきっていた中の山越え。正直、今回の登山で最もハードでした。ポリパッチッで冷たいミネラルウォーターを2本購入しておいたのは正解だったと思います。
写真はそんな登りの石段の中途にて休憩中に撮ったもの。地図によるとこのあたりはタンプン(단풍:丹楓。カエデ)の群落地だそうで、 きっと秋は紅葉が美しいことでしょう。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925231014j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925230954j:plain
仙岩寺へ向かう途中、ポリパッチッから50分ほど歩いた(途中15分ほどの休憩含む)場所にあったのが写真の「スッカマトー」 (숯가마터:「炭焼き窯跡」の意)の案内板。かって曹渓山の麓一帯には炭を作る窯が多くあったようで、検索すると石が円形に積まれた炭焼き窯跡らしきものが出てきます。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925231025j:plain
峠を越え、道が下りになって来ました。登りよりも楽かと言えば必ずしもそうではなく、 石で積まれた階段の段差が大きいため着地時にダメージがあったり、また着地点の石が平坦でないため足の裏が痛かったりと良し悪しです。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925231102j:plain

f:id:gashin_shoutan:20190925231049j:plain
ポリパッチッから1時間あまりを経過し、 再び視界が開けてきました。 さらに進むと草刈り機を操作する人の姿も。ポリパッチッを出て初めて目にする人の姿です。このあたりは花園になっているようで、その手入れをされていたようです。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925231128j:plain
先の花園のあたりに来ると道はかなり平坦に近くなっていましたが、それでもまだ仙岩寺は遠いです。

 

f:id:gashin_shoutan:20190925231137j:plain
花園からさらに30分近く歩いた午後4時50分、 ようやく仙岩寺前の売店 「先覚堂(ソンガクタン)」に到着。ポリパッチッから約1時間40分、 曹渓山将軍峰頂上からは約3時間40分、 松広寺からだと約7時間30分の道のりでした。
先覚堂にはスポーツドリンクを含む自動販売機が。250ml缶などあっという間に飲み干してしまいます。

 

さて、いよいよ念願の仙岩寺の踏査です。
続きは次回のエントリーにて。

(c) 2016-2019 ぽこぽこ( @gashin_shoutan )本ブログの無断転載を禁止します。