Twitter https://twitter.com/gashin_shoutan の別館です。
主に旅での出来事につき、ツイートでは語り切れなかったことを書いたりしたいと思います。

加平の旅[201709_05] - 韓国各地の地マッコリが無料試飲できる夢の祭典「加平チャラ島全国マッコリフェスティバル」

前回のエントリーの続きです。

昨年(2017年)9月の韓国・江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)市などを巡る旅の3日目(2017年9月3日(日))です。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222756j:plain
南春川(ナムチュンチョン)駅からは京春線(キョンチュンソン)の電車に乗車。いったん春川市を離れます。
到着したのは、春川市側から見て西側で隣接する、京畿道(キョンギド)加平(カピョン)郡加平邑(읍:ウプ。日本の「町」に相当する地方自治体)を代表する鉄道駅、「加平」駅。「itx-青春」の全列車が停車し、週末になると明智山(명지산:ミョンジサン)など近隣の山への登山客でにぎわう駅です。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205224359j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205224417j:plain
加平駅へやって来たのは今回(2017年9月)が2度目。前年(2016年8月)に加平郡名産のチャツ(잣:松の実)を使用した冷たい麺「チャッククス」(잣국수)の名店である同じ加平邑内の「明智シムトガーデン(명지쉼터가든)」へ行った際に利用して以来です。松の実の香りの効いたスープがうんまかったです(今回は時間の都合で行きませんでしたが)。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221437j:plain
加平駅を出て、途中までは京春線の高架橋沿いに歩きます。 

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221519j:plainf:id:gashin_shoutan:20180205221851j:plain
加平駅から徒歩で約24分ほど歩くと、写真のような亀さんの像のある橋にたどり着きます。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221506j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221453j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221532j:plain
こちらはソウルを貫流するあの漢江(ハンガン)の上流、北漢江(プッカンガン)の中州のひとつ「チャラソム」(자라섬:以下「チャラ島」と表記します)へ渡るための橋「チャラ車道橋」です。チャラ(자라)とは韓国語で「スッポン」、ソム(섬)とは「島」の意であり、その島(中州)の形がスッポンに似ているとしてこの名が付いたとのこと(地図で見る限りはあんまし似てないですが……)。なので橋にもスッポンさんの像があるわけです。
ちなみに同じ北漢江の中州であり、チャラ島のすぐ南(下流側。写真の地図では向かって右側の範囲外)に位置するのが『冬のソナタ』のロケ地で有名な「南恰島」(남이섬:ナミソム)です。チャラ島は加平邑ですが、南恰島は北漢江の対岸である春川市に属しています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221539j:plain
チャラ島と北漢江を越える京春線の橋梁をジョイフルトレインが通過。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221553j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180220210434j:plain
このチャラ島にはイベント会場にも用いられるキャンピング場があり、中でも毎年10月頃に当地で開催される「チャラ島国際ジャズフェスティバル」は、文化体育観光部(部は日本の省に相当)の選定する「文化観光祭り」の2017年度最優秀祭りのひとつに選ばれるなど特に知られています。
そのキャンピング場の手前には、またもやスッポンさんのオブジェが。実はこのオブジェ、写真2枚目の案内板の周囲に貼られているハングルやひらがな、漢字など複数言語の文字で組み上げられています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221608j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205223729j:plain
そしてこの日(2017年9月3日)、そのキャンピング場を舞台に開催されていたのが、今回の目的である「第3回加平チャラ島全国マッコリフェスティバル」(제3회 가평 자라섬 전국 막걸리 페스티벌)です。
全国各地の名物マッコリを無料で試飲でき、気に入ったものを購入、その場で味わうことまでできるというこの祭りの存在を知ったのは出発のわずか2日前。どうしても参加したくて、当初予定のスケジュールを出発間際で変更してまで訪問した次第です。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221630j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180220220113j:plain
全国各地のマッコリ醸造所のブーステントが並ぶ場内。各ブースではマッコリを中心としたお酒が展示され、そのほとんどが試飲提供されていました。
今回はほぼ全ブースの写真を撮ってまいりましたので、以下、それらブースを出展する醸造所とその展示製品を分かる範囲で列挙、紹介してまいります。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221617j:plain
地元・加平邑に本社を構え、私も大好きな「加平チャッ生マッコリ」(가평 잣 생막걸리)の宣伝バルーンが立つウリスル(우리술)のブースは特に目立ちます。早速買って飲みたいところですが、前夜も春川で飲んだばかりですし、今回は普段あまり見ない銘柄を優先したいので試飲だけでがまんします。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222045j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205222058j:plain
ウリスルのブース。写真1枚目のボトルは左から順に「トクソヌン覆盆子(ポップンジャ)マッコリ(톡쏘는 복분자 막걸리:トクソヌンとは「ぴりっとした」、覆盆子とは「キイチゴ」の意)、「トクソヌン沙果(サグァ)マッコリ」(톡쏘는 사과 막걸리:沙果とは「リンゴ」の意)、「加平チャッ生マッコリ」(가평 잣 생막걸리)、「トクソヌンアルパームトンドン」(톡쏘는 알밤 동동:アルパームとは「粒栗」の意、トンドンとは「トンドン酒」を示す)。ちなみに「アルパームトンドン」は東京・大久保通りの韓国食材スーパー「チョンガーネ」でも扱われていました。
写真2枚目の缶は左上から右下に向かって「トクソヌンサルマッコリ」(톡쏘는 쌀 막걸리:サルとは「米」の意)、「加平チャッマッコリ」(가펑 잣 막걸리。こちらは生マッコリではない)、「ミス・リー柚子マッコリ」(미쓰리 유자 막걸리)、「済州柑橘マッコリ」(제주감귤 막걸리)。うち「ミス・リー柚子マッコリ」は一般的なマッコリ(アルコール度数6%前後)よりも度数控えめの3%です。
写真1枚目にあるように、こちらの会場では大半のマッコリが1本2,000ウォン(約210円:2018年2月現在)、2本だとおトクな3,000ウォンで販売されていました。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221947j:plain
あくまでマッコリが主役とはいえ、一部ブースではその他のお酒も展示され、同様に試飲することもできました。こちらは京畿道金浦(キムポ)市の醸造所、金浦クムサル濁酒(김포금쌀닥주)の「金浦特酒」(김포특주)。韓国の伝統酒のひとつであり、100日間かけて仕込むことから「百日酒」とも呼ばれます。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222002j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221937j:plain
同じく金浦クムサル濁酒の製品、写真1枚目左から順に「金浦薬酒」(김포약주)、生マッコリの「生」(생)、同じく「ソノ」(선호)。写真2枚目の向かって右側、アスパルテーム無添加をうたうソノは、緑のボトルが主流である生マッコリでは珍しい青のボトルが特徴的です。よく見るとラベルには日本語表記も。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221914j:plain
京畿道楊平(ヤンピョン)郡、砥平(チピョン)酒造場(지평주조장)の生マッコリ。青いラベルは原料中の楊平産の米(쌀:サル)と小麦(말:ミル)の比率が7:3の本格派「砥平生サルマッコリ」(지평 생 쌀막걸리)、オレンジのものは小麦と輸入米の比率が3:7のクラシックタイプ「砥平生イェンマッコリ」(지평 생 옛막걸리:イェンとは「昔」の意)。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222126j:plain
京畿道抱川(ポチョン)市、二東(イードン)酒造(이동주조)の生マッコリ。左から順に「二東生マッコリ」(이동 생막걸리)、「二東生サルマッコリ」(이동 생쌀막걸리)、「五穀(オゴッ)生マッコリ」(오곡 생막걸리)。二東酒造の製品は「にっこりマッコリ」のブランドで日本にも輸出されており、ご存じの方も多いことでしょう。個人的に最も付き合いの長いマッコリです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222330j:plain
こちらも京畿道抱川市の醸造所、1932抱川一東(イルドン)マッコリ(1932포천일동막걸리)の生マッコリ「覃恩」(담은:タムン)。いわゆるプレミアムマッコリの部類に入るもので、価格は一般的なマッコリ(日本円で150円前後/750ml)の10倍くらいするようです。人工甘味料不使用。2016年度大韓民国ウリスル(ここでは「民俗酒」の意)品評会で生マッコリ部門の奨励賞を受賞。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222341j:plain
同じく1932抱川一束マッコリの「チャルマッコリ」(찰막걸리)。もち米(찹쌀:チャプサル)とうるち米、小麦を「黄金比」で配合し、炭酸を適度に抑えたマッコリだとのことです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222024j:plain
江原道旌善(チョンソン)郡、旌善銘酒(정선명주)の「コンドゥレ生マッコリ」(곤드레생막걸리)と「メミル生マッコリ」(메밀생막걸리)。コンドゥレ(곤드레:チョウセンアザミの葉)とメミル(메밀:ソバ)はともに旌善郡の特産品です。コンドゥレマッコリは2016年春の旌善訪問の際に飲んだことがありますが、日本で販売されているJINROの生マッコリがこれに近い風味でした。 


f:id:gashin_shoutan:20180205222143j:plain
慶尚南道キョンサンナムド)南海(ナメ)郡、「タレンイファーム営農組合法人」(다랭이팜 영농조합법인)の「タレンイファーム生マッコリ」(다랭이팜 생막걸리)。人工甘味料無添加。タレンイとは日本でいう「棚田」(階段式の田んぼ)のことで、醸造所の所在地である同郡南面(ナムミョン)、通称「加川(カチョン)タレンイマウル」(가천 다랭이마을)にちなんで名付けられたようです。こちらはボトル3本入りのボックスのみの展示でした。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222154j:plain
忠清北道(チュンチョンブット)清州(チョンジュ)市、チョウンスル世宗(セジョン)(좋은술세종:チョウンスルとは「良いお酒」の意)。左から「牛島タンコン伝統酒」(우도땅콩전통주)、「アルパームマッコリ」(알밤막걸리)。済州(チェジュ)特別自治道にある牛島(우도:ウド)名産のタンコン(땅콩:落花生)を材料に用いたという牛島タンコン伝統酒は正直このとき飲んだ記憶がないのですが、調べてみたら液色からしておいしそうです。見かけたら買ってみようと思います。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222204j:plain
同じくチョウンスル世宗の蒸留式ソジュ(焼酎)、「イド」(이도)。2016年度大韓民国ウリスル品評会で蒸留式ソジュ部門の大賞を受賞したお酒だそうです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222216j:plain
京畿道龍仁(ヨンイン)市、スルセム(술샘:「酒の泉」の意)の製品。手前左から順に、蒸留式ソジュ「ミル25」(미르25)、「ミル40」、「ミル54」。数字は言うまでもなくアルコール度数です。試飲はいずれもストレートで、ミル54などは喉が焼けそうな強さでした。奥の赤いお酒は「スルチハンウォンスンイ」(술 취한 원숭이:「酔っぱらった猿」の意)という製品で、こう見えても実はマッコリです。赤米と紅麹で仕込むためにこのような色となっているとのこと。おいしかったです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222227j:plain
大田(テジョン)広域市、ウェレンビュー(웰앤뷰)の「ディトッマッコリ」(디톡막걸리:ディトッとは日本でいう「デトックス」の意)。キムチ乳酸菌を用いた製品だとのことです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222241j:plain
忠清南道(チュンチョンナムド)の複数醸造所の生マッコリを扱っていたブース。左は牙山(アサン)市、屯浦(トゥンポ)醸造所(둔포양조장)の「王(ワン)マッコリ」(왕막걸리)。中央奥の黒いラベルは青陽(チョンヤン)郡、農業会社法人アリラン酒造(농업회사법인 아리랑주조)の「ユソンビョル」(유성별:「流れ星」の意)。そして右は公州(コンジュ)市、寺谷(サゴク)醸造園(사곡양조원)の「公州アルパームマッコリ」(공주알밤막걸리)。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222309j:plain
江原道華川(ファチョン)郡、華川酒家(화천주가)の「サンチョノマッコリ」(산천어 막걸리)。サンチョノとは同郡特産の淡水魚「ヤマメ」の意。国内外から毎年数多くの観光客が訪問、文化体育観光部の「文化観光祭り」でも最上級の「(韓国)代表祭り」に4年連続で選定された「氷の国華川ヤマメ祭り」(얼음나라 화천 산천어축제)の開催地らしいネーミングです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222355j:plain
慶尚北道キョンサンブット)安東(アンドン)市、檜谷(フェゴク)醸造場(회곡양조장)。創業90年という伝統のある醸造所だとのことです。左のボトルは「安東檜谷ミルマッコリ」(안동 회곡 밀 막걸리)。ラベルが反対側を向いている中央のボトルは「安東檜谷生マッコリ」(안동 회곡 생 막걸리)だと思われます。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222318j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180207230415j:plain
緑のボトルの生マッコリで日本でもおなじみの酒類メーカー、麹醇堂(국순당:クッスンダン)のブースもありました。左のボトルは「古」と書いて「イェンナル」(옛날:「昔」の意)、右のボトルは「テバッ」(대박)。60年代の伝統マッコリの味を再現したという「イェンナル」はそのクリーム色の液色からも分かるようにコクがあっておいしかったので、この旅の最終日にKORAILソウル駅に隣接する「ロッテマート」で買って帰りました。両製品ともに全国各地のマートで容易に入手できます。
そして真ん中の缶は「マッコリカーノ」(막걸리카노)という製品で、なんと韓国の人が好むコーヒー「アメリカーノ」風味のマッコリ。これが思いのほか相性がよくて、おいしかったのです。麹醇堂さん、どうか「イェンナル」とあわせて日本でも販売をご検討のほど……。

  

f:id:gashin_shoutan:20180207231249j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221923j:plain
それらブースの中に、私も好きな「ソン・ミョンソプマッコリ」(송명섭 막걸리)を生産する、全羅北道(チョルラブット)井邑(チョンウプ)市の泰仁(テイン)醸造場(태인양조장)のブースが。そしてそこには、自ら醸すマッコリの名称にもなっている無形文化財保持者、ソン・ミョンソプ(송명섭)名人のお姿も。感激のあまり日本から来たことを伝えて握手を求めると、一緒に写真まで撮っていただいたうえ、なんと名人自らソン・ミョンソプマッコリまで1本無料でくださったという。マッコリフェスティバル会場での記念すべき1本目となりました。このご恩は今後あちこちの酒場で飲んで果たします。

 

f:id:gashin_shoutan:20180220213843j:plain
ソン・ミョンソプマッコリの最大の特徴は、甘みが全くないこと。知っていても最初に口にしたときはびっくりしました。なのでどんな料理にも合いますし飽きが来ずゆっくり味わうことがてきます。ソウルだとマート(大型スーパー)で見かけることはまずないですが、たとえば鍾路3街(チョンノサムガ)にある「へンボッカンチッ」(こちらのエントリーにて紹介)だと1本5,000ウォン(約530円:2018年2月現在)で飲むことができます。「おひとりさま」もOKなので強くおすすめの店です。 

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222428j:plain
場内ではおつまみの料理も販売されており、私が選んだのはマッコリとの相性が抜群のジョン(전:チヂミ)×2。結構なボリュームです。

f:id:gashin_shoutan:20180205223140j:plain
f:id:gashin_shoutan:20180205222442j:plain
続いて購入したのは、京畿道広州(クァンジュ)市の醸造所「大農バイオウリ山参」(대농비아오우리산삼)の「退村(テチョン)トマト生マッコリ」(퇴촌 토마토 생 막걸리)。トマト風味というのがあまりに珍しかったので購入してしまいました。同市内のトマト研究会と共同開発したというこちらのマッコリ、トマト成分が実に10%を占め、当然その液色もピンク色。仕込みの際にはトマトと米を一緒に蒸すことで、殺菌効果に加えリコピン成分の効能を2倍以上に増大する効果があるとのことです。いい具合にトマトの風味が効いておいしかったです。店頭で見かけたらまた買うと思います。
右に写っているのは3皿目のエホバクジョン(애호박전:ズッキーニのチヂミ)やヨングンジョン(연근전:レンコンのチヂミ)などの盛り合わせ。これがまたうんまいのです。
 

f:id:gashin_shoutan:20180205222409j:plain
大農バイオウリ山参のブース。左から順に「ホダム南漢山城生マッコリ」(호담 남한산성 생 막걸리)、「ホダム山養山参生マッコリ」(호담 산양산삼 생 막걸리)、私が買った「退村トマト生マッコリ」。 

 

f:id:gashin_shoutan:20180205224053j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205224044j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205224035j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205224026j:plain
場内に展示されていた、全国の地域別のマッコリのボトル。写真1枚目から順に京畿道、江原道、忠清北道、そして忠清南道。ところでバナナマッコリやクリームチーズマッコリなど日本でも見かける麹醇堂のボトルが「江原道」にあるのは、韓牛(ハヌ)の産地としても知られる江原道横城(フェンソン)郡に本社を構えているからです。今回初めて知りました。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205224014j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205224004j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205223944j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205223957j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205223904j:plain
引き続き全国の地域別のマッコリのボトル。写真1枚目から順に全羅北道全羅南道慶尚北道慶尚南道、そして済州特別自治道
これらの撮影のためラベルを正面に向けて整列させようとしたところ、ペットボトルの空き瓶なのでわずかな衝撃でも倒れてしまい、しかも他のボトルを巻きこんで一斉に倒れるので整列させるのもひと苦労でした。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222455j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205222507j:plain
こちらの「加平チャラ島全国マッコリフェスティバル」、2017年(第3回)は9月1日(金)~3日(日)の3日間開催でした。開場時間は午前10時~午後10時で、他の方のブログを見る限りは昼よりも夜の来場者が多いようです(ステージイベントも夜間に集中)。本年・2018年(第4回)の開催日程はいまのところ未定ですが、「春川タッカルビマッククス祭り」と日程がかぶるようであればまた両方ともに参加したいと思います。
会場のチャラ島キャンピング場へは、KORAIL「加平」駅からであれば徒歩約28分(約1.84km)。路線バスはないようなので(途中まではあっても歩く距離の方が長い)、タクシーのご利用をおすすめします(3,000ウォンちょっとかかるようです)。
前述したように、加平駅には「itx-青春」の全列車が停車します(2018年2月現在)。ソウルの龍山(ヨンサン)駅からは約55分、清凉里(チョンニャンニ)駅からは約40分。ただし加平駅にコインロッカーはないので、日帰りであれば龍山駅コンコースなどのコインロッカーに荷物を預けてから行くことをおすすめします。
それと加平駅は利用客数の割に「itx-青春」の券売機が少ないため、数十人の行列が形成されることがあります。スケジュールが確定しているならば、あらかじめ往復の切符を確保してから行くことを強くおすすめします。

チャラ島キャンピング場(「加平チャラ島全国マッコリフェスティバル」会場)(자라섬캠핑장 (가평 자라섬 전국 막걸리 페스티벌 회장) :京畿道 加平郡 加平邑 達田里 山7。リンク先は会場手前の「チャラ車道橋」です)

  

f:id:gashin_shoutan:20180205223014j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205223046j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205223100j:plain
チャラ島にはタクシーがいなかったため、再び歩いて加平駅へ。幸いにして券売機が空いていたので、ちょうどやって来た下りの「itx-青春」で南春川駅へ戻ることに。ここぞとばかりに2階席を利用します。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205222551j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205222601j:plain
春川市外バスターミナルの荷物をピックアップした後、上りの「itx-青春」まで時間があったのでいったん春川駅へ。駅の外にはこの日が最終日の「春川マッククスタッカルビ祭り」のテントが見えますが、この日はさすがに寄る時間はありません。次回(2018年)、5年連続参加を誓いつつ春川を後にします。

 

それでは、次回のエントリーヘ続きます。

春川の旅[201709_04] - 400年前の孝行息子の伝説を記憶する壁画マウル、そして春川タッカルビの名店を一挙紹介

前回のエントリーの続きです。 

昨年(2017年)9月の韓国・江原道(カンウォンド)春川(チュンチュン)市などを巡る旅、明けて3日目(2017年9月3日(日))の朝です。

ホテルをチェックアウトして最初に向かったのは、KORAIL「南春川」(ナムチュンチョン)駅から徒歩約9分(約600m)の距離にある「春川市外バスターミナル」。「itx-青春(チョンチュン)」も停車する春川市内の2大鉄道駅、春川駅・南春川駅のいずれにもないコインロッカーに荷物を預けるためです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205220614j:plain
写真は春川市外バスターミナルにあるコインロッカー。キャリーバッグも入る大型サイズもあります。ただしこちらのコインロッカーは1,000ウォン札限定で、しかも周囲に両替機がないため、前もって同ターミナル内のコンビニで買い物をするなどして1,000ウォン札を用意しておく必要があります。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205220625j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205222652j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205222713j:plain
春川市外バスターミナルの待合室の隣にある売店。何故かミリタリーグッズに特化しており、迷彩模様のバッグや軍の戦闘服とみられる衣服などが所狭しと陳列されています。その名も「軍人百貨店」(군인백화점)。日本の感覚だとバスターミナルの売店とは思えない品揃えですが、以前にも紹介したようにここ春川は南北分断の現場に近いこともあって韓国軍の一大拠点となっており、市外バスを利用する軍関係者の需要があるのでしょう。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205220649j:plain
春川市外バスターミナルの前を走る大通り「春川路」(춘천로)沿いに北東へ向かいます。写真は春川市中心部を貫流する「孔之川」(コンジチョン)にかかる「孔之橋」から見た風景。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205220703j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205220725j:plain
春川市外バスターミナルから春川路沿いに北東へ向かって約19分(約1.38km)ほど歩き、出てくる「孝子上(ヒョジャサン)ギル」(写真1枚目)を右に折れて2分ほど歩くと、写真2枚目のような場所に到着します。
ここから始まる孝子洞(ヒョジャドン)の一帯は、通称「孝子マウル浪漫(ナンマン)コルモク」と呼ばれる壁画マウル(マウルは村、集落の意)と呼ばれ、道路や路地沿いの家の外壁や塀が壁画で彩られています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205220801j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205220825j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205220839j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205220845j:plain
孝子マウル浪漫コルモクにある壁画の数々。個人的に大好きな壁画マウルです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221109j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221148j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221300j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221316j:plain
こちらも孝子マウル浪漫コルモクにある壁画の数々。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221213j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205221228j:plain
孝子マウル浪漫コルモク、スマーフ様と綱引きをする子どもたちの壁画。坂道の手すりを綱引きの綱に見立てた秀逸な作品です。女の子のセリフ「도와주세요~」とは「手伝って~」の意。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221058j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124224458j:plain
この前日に訪れた「昭陽江処女像」の壁画もありました。それも私の好きな、衣岩湖の夕陽を背にした絵です。写真2枚目は前回も紹介した「昭陽江処女像」の実写。再現度高いです。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221336j:plain
地名にもなっている「孝子」とは「親孝行の子」の意で、韓国ではここ春川市孝子洞やソウル・鍾路区(チョンノグ)の孝子洞などあちこちに「孝子」の名の付いた地名があります。そして当地の孝子洞には、その名にちなんだ一人の孝行息子の伝説が語り継がれるとともに、その息子が母をおぶった姿の「孝子像」が建てられています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221004j:plain
1554年生まれの男性、潘希彦(반희언:パン・ヒオン)。壬辰倭乱豊臣秀吉による2度の朝鮮侵略)で戦死した父の侍墓(シミョ:父母の墓のそばに小屋を建てて暮らすこと)から3年ぶりに実家へ帰ってきたら、年老いた母の病状が悪化していました。看病しても快方に向かわず途方に暮れていたある日、希彦の前に山の神が現れ、「大龍山(テリョンサン)へ行けば3人の死体がある。そのうち真ん中の死体の首を持ち帰り、それを煮込んで母に与えれば病気は治るであろう」と告げます。
そこで希彦が大龍山へ行くと、確かに3人の死体がありました。恐怖を感じながらも山の神に言われたままに行動したところ、母の病気はたちまち快癒。そして死体の首を煮込んだはずの釜の中を覗くと、そこにあったのは首ではなく高麗人参だった、というものです。

この物語には続きがあります。
その後、ある冬のこと。94歳になった母がどうしても季節外れの苺を食べたいというので、希彦は再び大龍山へ。山中をさまよった未にようやく苺を手に入れたものの、その帰り道には大吹雪に遭遇。疲労困憊し精魂尽き果てた希彦の目の前に、今度は虎が現れます。万事休すかと思いきや、その虎は希彦を背中に乗せるや矢のように走り、家まで送り届けると姿を消したというものです。
母はその後95歳で亡くなり、希彦は父のときと同じように3年間の侍墓についたといいます。
そして1608年、当時の王であった宣祖(선조:ソンジョ、1552-1608。第14代朝鮮国王)はこうした希彦の孝行を称え、「孝子門」を建立しました。この孝子門があった一帯が、その後「孝子洞」と呼ばれるようになったと伝えられています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221353j:plain
孝子門は残っていませんが、孝子マウル浪漫コルモクの一角には希彦が母をおぶった姿の「孝子像」(先ほど紹介した写真)が建てられおり、像のそばには物語のあらすじを刻んだ石碑も。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205221404j:plain
この「孝子マウル浪漫コルモク」へは、前述したようにKORAIL「南春川」駅からだと徒歩で約20分(約1.32km)ほどで到達できます。タクシーでもワンメーターの2,800ウォン(約280円)程度(2018年2月現在)。 

孝子マウル浪漫コルモク(효자마을낭만골목:江原道 春川市 孝子洞 541-6。左記住所およびリンク先は入口付近)

 

孝子マウル浪漫コルモクからはタクシーで南春川駅へ移動、次の目的地へと向かうのでした。

 

構成の都合上、今回のエントリーにおける2017年9月の春川市の旅レポはここで終わりとなりますが(次回エントリーへ続きます)、せっかくの春川市の旅レポですので、ここで私がこよなく愛する春川タッカルビ、そして過去に訪問した春川市内のタッカルビ店について紹介したいと思います。

 

f:id:gashin_shoutan:20180214175047j:plain
前回のエントリーでも紹介したように、春川タッカルビとは1960年代初頭、春川のとある飲食店が豚カルビ代わりの酒のおつまみとして、ヤンニョムに漬けた鶏肉の炭火焼きを出したものが始まりとされ、これこそが春川タッカルビの元祖と言われています。その後、1970年代には現在の主流である大きな鉄板で野菜など一緒に妙めるスタイルのものが登場、現在へと至ります。
タッカルビの命というべきヤンニョムソースは店によって異なり、意外と店ごとに個性があります。異材もまた店によって若干異なりますが、ほぼ共通しているのは主役の鶏肉(主にモモ肉)のほかキャベツと長ネギ、トック(떡:うるち米の餅)、そしてサツマイモ。店によってはこれにタマネギ、ケンニッ(깻입:エゴマの葉)などが入ったり入らなかったりします。

 

f:id:gashin_shoutan:20180214150008j:plain
一般にタッカルビ店のメニュー表には「1人分」の値段が書かれていますが、基本的にどの店も2人分以上でないと注文を受けてもらえません。値段は安い(2人分でも日本円で2,000円程度)割に量がそれなりにあるので、自信がない場合には残した分の「ポジャン」(포장:包装。ここでは「テイクアウト」の意)の可否を前もって尋ねてみるとよいでしょう。

 

f:id:gashin_shoutan:20180214175324j:plain
鉄板で妙めるタイプのタッカルビ店ではほぼ例外なく、お店の方がたまにテーブルを訪れては、火が通るまで具材をかき回してくださいます。「マシッケトゥセヨ」(맛있게 드세요:「召し上がってください」の意)の言葉が食べ始めの合図。そのまま食べても、付け合わせのサンチュなどでくるんでもおいしく召し上がれます。

 

f:id:gashin_shoutan:20180214175352j:plain
具材を粗方食べた後には締めとして、残ったヤンニョムソースに刻み海苔やごま油などを加えたご飯を混ぜて炒め、ポックンパ(볶음밥:焼き飯)にして食べることが一般的です。ウドンなとのサリ(사리:麺の総称)を混ぜて食べることもあり、こちらは締めだけでなく最初から混ぜて食べることもあります。また最近はチーズのトッピングを用意し、日本でもブーム真っただ中のチーズタッカルビを味わえる店も増えてきたようです。

春川市だけでおよそ400店以上あるというタッカルビ店は市内の随所に点在しており、中でも中心街の朝陽洞(チョヤンドン)にある「春川明洞タッカルビコルモク」は観光地としても広く知られています。またこれ以外にも同じく中心街の楽園洞(ナグォンドン)、市街地東部の後坪洞(フピョンドン)、市外バスターミナルの南側にある温衣洞(オニドン)、そして市の北東の郊外にある新北邑(シンブグッ)泉田里(チョンジョルリ)の通称「ウィッセムバッ」(윗샘밭:「上泉田」を固有語にしたもの)などの各地域が、タッカルビ店の集まる「タッカルビコルモク」(닭갈비 골목:コルモクとは「路地、横丁」の意)として知られています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180214175526j:plain
なお、過去に本ブログにて何度か紹介したことのある「太白(テベク)タッカルビ」は、同じ江原道でも遠く離れた南部に位置するかつての産炭地、太白市(当時は三陟(サムチョク)郡)において1960年代に発生、独自に発達したスープベースの料理であり、春川タッカルビとは直接的な関係はありません(こちらも大好きな料理ですが)。

それでは、私が過去に訪問した春川市内のタッカルビ店とその特徴、市内の3大ターミナル「春川駅」「南春川駅」「春川市外バスターミナル」(以下「市外BT」と表記)からのアクセスを紹介してまいります。

 

f:id:gashin_shoutan:20180214145511j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180214145529j:plain
「1.5(イルジョモー)タッカルビ」。
2014年9月訪問。1989年創業、あるブログ記事によると、店名の「1.5」とは「1.5倍の満足度を差し上げるという意味」だとか。90年代、カレー粉を混ぜたヤンニョムソースでタッカルビ界に革命を起こした店として知られています。現在も人気店のひとつであり、3年半前の訪問当日も入店までしばらく待たされました。辛さ控えめで、いままで食べてきたタッカルビの中ではたぶん最も日本人向けの味だと思います。
タッカルビは1人分(300g)11,000ウォン(基本2人分以上注文)。営業時間は午前11時~午後11時(日曜は午後10時まで)、週末は予約不可。
●春川駅:タクシーで約11分(4,700ウォン前後)。行き先は「イルジョモータッカルビ」でまず通じると思います。
●南春川駅:駅寄りの「南春川駅」(남춘천역)バス停から<9>番バス(約10~30分おき運行)に乗車、約26分で到着する「後坪3洞住民センター」(후평3동주민센터)バス停で下車、道路を渡って徒歩約2分(約120m)。
●市外BT:道路向かい側の「市外バスターミナル」(시외버스터미널)バス停から<7>番バス(約10~30分おき運行)に乗車、約25分で到着する「後坪3洞住民センター」(후평3동주민센터)バス停で下車、道路を渡って徒歩約2分(約120m)

1.5タッカルビ(1.5닭갈비:江原道 春川市 後坪路 77 (後坪洞 801-13))

 

f:id:gashin_shoutan:20180214145619j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180214145710j:plain
「クウミタッカルビ」。
2015年8月訪問。あるブログ記事によると「春川明洞タッカルビコルモク」でも最古の名店「ウミタッカルビ」の経営者の息子さんのお店だとか。クラシックタイプの春川タッカルビらしい、やや辛味の強い味。味で勝負するためエゴマなど香りの強い野菜はあえて使わないのがこちらのお店のポリシーだとのこと。
タッカルビは1人分(250g)11,000ウォン(基本2人分以上注文)。営業時間は午前11時~午前0時。
●春川駅:道路向かい側の「春川駅」(춘천역)バス停から<12>番バス(約30~40分おき運行)に乗車、約14分で到着する「世京3次」(세겅3차)バス停で下車、すぐ。
●南春川駅:駅寄りの「南春川駅」(남춘천역)バス停から<66>番バス(約15~20分おき運行)に乗車、約21分で到着する「世京3次」(세겅3차)バス停で下車、すぐ。
●市外BT:道路向かい側の「市外バスターミナル」(시외버스터미널)バス停から<64-2>番パス(約10~30分おき運行)に乗車し、約21分で到着する「世京3次」(세겅3차)バス停で下車、すぐ。 

クウミタッカルビ(구우미닭갈비:江原道 春川市 朔州路116 (後坪洞 847-3))

 

f:id:gashin_shoutan:20180214145953j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180214150025j:plain
「ウソンタッカルビ」。
2016年8月訪問。南春川駅そば。後坪洞に本店を構える同名の店の支店で、あるブログ記事によると本家(後坪洞)の息子夫婦が運営する店だとのこと。過去に食べたことのない、ほのかにソーセージのような香りのするヤンニョムが特徴的でした。タッカルビの薬味にワサビが付いてきたのも初めての経験。
タッカルビは1人分(250g)10,000ウォン(基本2人分以上注文)。営業時間は午前11時~午後11時、名節(旧正月・秋夕)休業。
●春川駅:京春線電車で南春川駅へ移動(約6分)、徒歩約8分(約520m)
●南春川駅:徒歩約8分(約520m)
●市外BT:徒歩約14分(約930m)

ウソンタッカルビ(우성닭갈비:江原道 春川市 ウムットゥルキル 33 (退渓洞 1137-5))

 

f:id:gashin_shoutan:20180214150217j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124225918j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124225434j:plain
「元祖スップルタップルコギチッ」。
2015~17年の3年連続訪問。1961年創業、前回も紹介した、1960年代当時の春川タッカルビの原型とされるスップル(炭火)での網焼きタイプのお店です。いつも行列が形成されており、土曜の夜であれば50分ほど並ぶ必要があります(経験談)。独特のヤンニョムで味つけられた鶏肉が猛烈にうんまいです。
ピョオムヌン(骨なし)タッカルビは1人分(250g)10,000ウォン(基本2人分以上注文)。営業時間は午前10時30分~午後9時、名節(旧正月と秋夕)の前日と当日は休業。
●春川駅:徒歩約17分(約1.1km)、または駅前の道路向かい側の「春川駅」(춘천역)バス停から<150>番バス(約15~20分おき運行)に乗車し、約9分で到着する「中央市場/中央初校」(중앙시장/중앙초교)バス停で下車、徒歩約1分(約90m)。タクシーならワンメーターの2,800ウォン。
●南春川駅:駅寄りの「南春川駅」(남춘천역)バス停から<66><150>番バス(ともに約15~20分おき運行)に乗車、<66>番は約14分で到着する「明洞入口」(명동입구)バス停で下車、道路を渡って約2分(約120m)。<150>番は約15分で到着する「中央市場」(중앙시장)バス停で下車、道路を渡って約1分(約90m)。
●市外BT:道路向かい側の「市外バスターミナル」(시외버스터미널)バス停から<7><50><81>番バス(<7>は約15~30分おき、その他は約15~20分おき運行)に乗車し、約14~15分で到着する「明洞入口」(명동입구)バス停で下車、道路を渡って約2分(約120m)。

元祖スップルタップルコギチッ(원조숯불닭불고기:江原道 春川市 楽園ギル 28-4 (中央路2街 70))

 

それでは、次回のエントリーヘ続きます。

春川の旅[201709_03] - 夕陽に映える「昭陽江処女像」、そして猛烈にうんまい春川タッカルビの原型を味わう

前回のエントリーの続きです。 

昨年(2017年)9月の韓国・大田(テジョン)広域市、江原道(カンウォンド)春川(チュンチュン)市などを巡る旅の2日目(2017年9月2日(土))です。

「春川マッククスタッカルビ祭り」の会場をずっと散策していたら、日が傾いてきました。いったん祭りの会場を離れ、春川駅前の道路を北東へ向かって歩きます。

 

f:id:gashin_shoutan:20180124224354j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124224407j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124224419j:plain
駅から15分ほど歩いた場所に、写真の2本の大きな石が。
こちらは「春川槿花洞幢竿支柱」といい、寺院での行事の際に掲げる幢(タン)という旗を結んだ細長い竿を両側から支えるための石柱の跡です。石柱全体の整形技法や、支柱の間に置かれた竿台石(幢竿の受け石)にある蓮の花の彫刻手法などから高麗時代(918年~1392年)中期の作と推定され、韓国の宝物第76号に指定されています。最近は意識して、こうした文化財を巡るようになりました。

春川槿花洞幢竿支柱(춘천 근화동 당간지주:江原道 春川市 桂花洞 793-1。宝物第76号)

 

f:id:gashin_shoutan:20180124225255j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124225318j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205224613j:plain
幢竿支柱からさらに北東へ向かうと、先の途切れた橋のようなものが見えてまいります。こちらは「昭陽江スカイウォーク」といい、市内北部を流れる昭陽江(소양강:ソヤンガン)が衣岩湖(의암호:ウィアモ/ウィアムホ)へと注ぐ地点に築かれた水上展望台と、その通路の橋で構成されています。全長約174m。水面からおよそ12m上にある路面は強化ガラスになっているため、安全とはいえスリリングな体験ができるようになっています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180124225343j:plain
この日は時間の都合でパスしましたが、前年(2016年)は無料開放中だったこともあり利用してみました。頭では大丈夫だと分かっていても、やはり足を踏み出す度にちょっとしたスリルがあります。入場に際してはガラスの表面を傷つけないよう、フェルト状の専用カバーを靴にかぶせて入場しなければなりません。またペットボトルの飲料を含め、飲食物の持ち込みは一切禁止です。
「昭陽江スカイウォーク」の営業時間は午前10時~午後8時30分(11~2月は午後5時まで)、年中無休。現在は入場料2,000ウォン(約210円:2018年2月現在)が必要ですが、それだけの楽しさはあると思います。

昭陽江スカイウォーク(소양강 스카이워크:江原道 春川市 桂花洞 8)

 

f:id:gashin_shoutan:20180205224644j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180205224712j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124225225j:plain
スカイウォーク水上展望台のすぐ東側の水上には、写真の巨大な像「昭陽江処女像」が立っています。
こちらの像は、キム・テヒ(김태희)さんが歌った1970年のヒット曲「昭陽江処女」を記念して2005年に建てられたもので、同曲がエンドレスで流れています。写真3枚目は碑の土台側面に刻まれた「昭陽江処女」の歌詞です。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205224815j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124224800j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124224458j:plain
夕陽に立つ昭陽江処女像。正面を見据えた視線、麦の穂を握った左手、風になびく韓服とオッコルム(옷고름:チョゴリの結び紐)、そしてまさに一歩踏み出さんとする姿勢。勇ましささえも感じる像が衣岩湖の夕陽を背景に立つ姿が好きで、どうしてもまたこの時間帯に見たかったのです。

こちらの「昭陽江処女像」、および前述した「昭陽江スカイウォーク」へのアクセスは、KORAIL京春線「春川」駅からだと駅前の道路を渡った向かいにある「春川駅」(춘천역)バス停から約15~20分おきにやって来る<150>番市内バスに乗り、3つめの「昭陽江処女像」(소양강 소녀상)バス停で下車、すぐです。もっとも春川駅からであれば私のように歩いても徒歩約20分(約1.3km)程度で到着できます。

昭陽江処女像(소양강 소녀상:江原道 春川市 桂花洞 8-1)

 

f:id:gashin_shoutan:20180205224842j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180206212227j:plain
余談ですが、この「昭陽江処女像」は春川市の公式キャラクター(写真1枚目)のモチーフにもなっています。 写真2枚目は後述する街路「明洞キル」にあった同キャラクターの像。この街路には他にもいろいろなデザインの像がありました。

  

f:id:gashin_shoutan:20180206213133j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124225434j:plain
そしていよいよお待ちかねの夕食の時間。タクシーで春川の中心街である中央路(チュンアンノ)へ移動します。
やって来たのは1961年創業の「元祖スップルタップルコギチッ」。その名の通り、スパイシーな味付けのタッ(鶏肉)プルコギをスップル(숯불:炭火)で焼いて食べるお店で、2015年の初訪問以来、3年連続で訪れているお店です。
ソウルなど遠方からも訪問者の絶えない超人気店で、お店の前にはいつも30人前後の行列が。ペコペコのお腹をなだめつつ列につきます。

 

f:id:gashin_shoutan:20180124225918j:plain
そして50分ほど待ってようやく入店。余談ですがこちらのお店では列の先頭5人くらいに限り椅子が用意されており、この椅子にたどり着くと思わず笑みがこぼれてしまいます。
今回はいつもと同じ「ピョオムヌンタッカルビ」(뼈 없는 닭갈비:ピョオムヌンとは「骨なし」の意)を注文。1人分(250g)10,000ウォン(約1,000円:当時)。お店の名前は「タップルコギ」ですが、メニュー名はタッカルビとなっています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180124225623j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124225717j:plain
やって来たタッカルビ。薄茶色のヤンニョムソースをまとって、見るからにおいしそう。
このような味付け鶏肉をテーブルの炭火でじっくり焼くスタイルは、1960年代初頭に春川のとある飲食店がテジ(豚)カルビの代わりに酒のおつまみとして出したものが始まりとされ、これこそが春川タッカルビの原型と言われています。当時はその安さから「庶民カルビ」「大学生カルビ」などと呼ばれていたそうです。その後70年代には現在の主流である大きな鉄板で野菜など一緒にと炒めるスタイルのものが登場、現在へと至ります。
ただでさえ焦げやすいヤンニョム付きの鶏肉を炭火で直に網焼きするため、店員さんからは10秒ごと(!)に肉をひっくり返すよう伝えられます。50分並んだ後は10秒おきの操作となかなか忙しいですが、おいしいものを食べるためには多少の手間など気にはなりません。

 

f:id:gashin_shoutan:20180206205550j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124225641j:plain
そしてついに焼き上がり。
ぱくり。ああ、超うんまい。毎度のことながら、心の中で「なにこれ?」とつぶやきながら夢中で食べ進める自分がいます。
そのまま食べてもよし、パンチャン(おかず)のヤンニョム漬けプチュ(ニラ)と一緒にサンチュなどでくるんで食べてもよし。大好きな味です。
こちらのお店はタッカルビがうんまいのみならず、100%モルトビールの「Kloud」(クラウド)、そして「チャッマッコリ」(잣막걸리:松の実マッコリ)と私の大好きなお酒が飲める点でも非常に高ポイントなのです。中でも写真1枚目のチャッマッコリは、春川市と隣接する京畿道(キョンギド)加平(カピョン)郡の酒造メーカー「ウリスル」のブランドで、同郡の名産でもある松の実の香りとマッコリとの調和が絶妙なのですよ。あまりに好きすぎて、保冷材を用意してまで日本に持ち帰るほどだったりします。

 

f:id:gashin_shoutan:20180206205750j:plain
こちらのお店「元祖スップルタップルコギチッ」の営業時間は午前10時30分~午後9時、名節(旧正月と秋夕)の前日と当日は休業。前述したように土曜の夜だと確実に50分前後は並ぶことになりますので、余裕を持ってのご訪問をおすすめします。
KORAIL京春線「春川」駅からは徒歩約17分(約1.1km)、タクシーならワンメーターの2,800ウォンで到着できます(2018年2月現在。道路事情等により変わる可能性あり)。また「春川市外バスターミナル」からだと道路向かい側の「市外バスターミナル」(시외버스터미널)バス停から<7><50><81>番の各市内バス(<7>は約15~30分おき、その他は約15~20分おき)に乗り、「明洞入口」(명동입구)バス停で下車、すぐです。
今回の会計はタッカルビ2人分(計500g)とビール2本、チャッマッコリ1本で計33,000ウォン(約3,300円:当時)。しかもサンチュなどで包むので十分食べ応えがあるのにこの価格という。お腹も懐も満足できる、強くおすすめのお店です。

元祖スップルタップルコギチッ(원조숯불닭불고기집:江原道 春川市 楽園ギル 28-4 (中央路2街 70))

 

f:id:gashin_shoutan:20180204143929j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180204143955j:plain
元祖スップルタップルコギチッのすぐ近くには、春川を代表する在来市場「春川中央市場」(チュンアンシジャン)、別名「春川浪漫(ナンマン)市場」があります。こちらは末尾n日とn+5日にのみ開かれる五日市ではなく、日本のアーケード通りと同様の常設市場です。
好きな韓国在来市場の雰囲気に浸りたいところですが、さすがにこの時間(21時近く)はかなりの店が閉店していました(市場の写真は2016年8月撮影。このときはまだ19時台だったのでまだ結構店が開いてました)

春川中央市場(春川浪漫市場)(춘천중앙시장(춘천낭만시장):江原道 春川市 中央路2街 42-18 一帯)

 

f:id:gashin_shoutan:20180124225856j:plain
春川浪漫市場を出ると、おしゃれなショップの並ぶ街並み。このあたりは一般に「明洞」と呼ばれる春川随一の繁華街で、偶然にもあのソウル・江北の中心街と同じ名前です(春川の方はすでに地名ではなくなってますが)。そんな明洞の街を貫通するメインストリート「明洞キル」の真ん中に立つのは、春川といえばこの二人。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205213643j:plain
ちなみにこの「明洞キル」から1本奥に入ったところには、有名店を含め20軒前後のタッカルビ店が集中する名物通り「春川明洞タッカルビコルモク」(춘천명동닭갈비골목:コルモクとは「路地、横丁」の意)もあります(写真は2014年3月撮影)。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205213444j:plain
この日の宿である春川世宗ホテル(こちらのエントリーにて紹介)はここ明洞から近いので、いったん歩いて戻ります。途中の江原道庁では、平昌(ピョンチャン)冬季五輪をイメージしたと思われる路面ライトアップも。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205223510j:plain
春川世宗ホテルから眺めた春川の街の夜景。

 

f:id:gashin_shoutan:20180124230043j:plain
タクシーに乗り、再び「春川マッククスタッカルビ祭り」会場へ。
このお祭りのもうひとつの醍醐味は、ステージでのイベントが終了する午後10時を過ぎても飲食店舗が普通に営業し、客足が途絶えないこと。この夜祭りの雰囲気が好きで、春川に宿泊するようになってからはいつも訪れています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180206213257j:plain
そしてこのお祭りのさらなる楽しみ、マッククスの仮設店舗へ。こちらはタッカルビとは異なり、実行委員会運営(?)の単一店舗のみとなっています。

 

f:id:gashin_shoutan:20180124230100j:plain

f:id:gashin_shoutan:20180124230110j:plain
出てきたマッククス。
そば粉入りの麺の上にはヤンニョムジャンが乗っており、そのまま混ぜればピビンマッククスとして、一緒に出てくるポットのスープを注げばムルマッククスとして楽しめます。私はムルマッククスで。うんまい。飲んだ後の締めに最適の食べ物です。

 

f:id:gashin_shoutan:20180206213319j:plain
会場内にあった移動式の「バイキング」。

 

f:id:gashin_shoutan:20180205223429j:plain
場内の飲食店。無数に並ぶメニュー名、そして食材。こういうのを見るとワクワクしてきますよね。

 

f:id:gashin_shoutan:20180124230330j:plain
そしてとうとう午前0時。まだいくつかの店舗は営業を続けていました。
その様子を見届けて、ホテルヘ。駅前ですからタクシーはかんたんに見つかります。
部屋へ戻り、この翌日に控えているまた別の食の祭典への参加のため、ゆっくりと休むのでした。

それでは、次回のエントリーヘ続きます。

(c) 2016-2018 ぽこぽこ( @gashin_shoutan )本ブログの無断転載を禁止します。