読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Twitter https://twitter.com/gashin_shoutan の別館です。
主に旅での出来事につき、ツイートでは語り切れなかったことを書いたりしたいと思います。

釜山の旅[その1] - 釜山へ行ったら、どうしても真っ先に会いたいひとがいました。

釜山広域市 韓国料理

今回からは、本年(2017年) 2月10日 (金)から同月12日 (日)にかけての釜山広域市の旅をお届けします。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326134212j:plain
今回は過去の釜山の旅と同様、成田からエアプサンに乗って釜山・金海(キメ)国際空港へ。この日から半年前の昨年(2016年) 8月にバーゲンセールで購入した往復11,000円弱のチケットがようやく日の目を見ました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326134241j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170326134306j:plain
LCCに分類されるエアプサンですが、セール価格のチケットであっても15kgまでの手荷物預かりは無料、しかも機内食まで出てきます。今回の機内食は写真の「ヘムルポックンパ」(해물볶음밥:海鮮チャーハン)。これまでエアプサンで提供されたものの中でいちばんおいしかったです。

f:id:gashin_shoutan:20170326134348j:plain
金海国際空港に到着。エアプサンに搭乗して毎度驚かされるのは、とにかく着陸が上手いこと。日本企業を含め他の航空会社ではごく普通である着陸時の強い衝撃が、エアプサンではこの日を含め過去7回の利用で一度もありません。
余談ですが、昨年(2016年)より日本からの便が就航している大邱(テグ)国際空港では、このような写真を撮影することはできません。民間と軍が共用する空港であるためで、機内でもその旨のアナウンスが流れます。


そばにある「空港」(공항:コンハン)駅から釜山・金海軽電鉄(日本でいう新交通システム)に乗り、3駅先の終点「沙上」 (사상:ササン)駅で下車。この近くにある今回の宿に荷物を置いて、最初の目的地へ。
今回、釜山に着いたら他のどこよりも先に行きたい場所がありました。
沙上駅から地下鉄(都市鉄道) 2号線に乗車し、「西面」(서면:ソミョン)駅で同1号線に乗り換えて「草梁」(초량:チョリャン)駅で下車。地上出口のすぐ近くにこれがあります。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326134912j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170326134839j:plain
「平和の少女像」。
夫婦作家であるキム・ウンソン(김운성) 、キム・ソギョン(김서경)両氏による、元「慰安婦」をはじめあらゆる戦時性暴力とその被害を記憶するための像です。
草梁駅5番出口と7番出口のちょうど中間地点、エレベーターの地上出口のすぐ真裏に像は設置されています。一般に日本の報道では在釜山日本総領事館「前」とされていましたが、実際にはほぼ真裏といってよい場所にあります。
像には、支援者などにより毛糸の帽子やマフラー、靴下などが着せられています。韓国でも温暖な地方とはいえ、やはり厳しい釜山の夜もこれなら暖かそう。
さまざま思いが交錯して、胸がいっぱいです。

平和の少女像(평화의 소녀상:釜山広域市 東区 古館路 18(草梁洞 1147-11))

 

翌日(2月11日)の昼にも、再び会いに行きました。以下はその際の写真です。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326141556j:plain
この「平和の少女像」の両サイドの地面には、2つの碑文が埋め込まれています。
今回は訪問時に撮った写真をもとにこれらを書き起こすとともに、拙いながらも日本語に訳してみました。翻訳の解釈に誤りなどありましたら、コメントにてご指摘いただけますと幸いに存じます。

まずは像の向かって左側にある「平和碑」から。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326134959j:plain

평 화 비

일제강잠기 일본군에 끌려가
몸도 마음도 갈가리 찢긴
꽃다운 소녀들의 피맺힌 상처는
나라가 광복된 뒤에도
치유되지 않았습니다.
12.28 한. 일 일본군 ‘위안부’ 합의로
다시 이들을 능멸하였습니다.

우리는
전쟁밤죄자들이 자기 죄를 인정하고 사죄할 것을
다시금 엄중히 요구히며
아곳에 평화의 소녀상을 세움니다.
‘청산하지 못한 역사는 반복된다.’는
교훈을 세움니다.

굴욕적인 합의 무효와
일본 대사관 앞 소녀상을 지키기 위해
그 추웠던 2015년 한겨울
서울까지 달려가 거리에서 몇 밤을 새운
청소년과 대학생들의 열정을 세움니다.

2016년 내내 이어졌단 소녀상 1인 시위,
시위자에게 정감을 끼워주고 목도리를 둘러주며
눈물 어린 응원을 보내준
부산시민들의 마음을 세움니다.

이곳에 평화의 소녀상을 세우고자
미래세대들이 맨 먼저 모금을 시작했습니다.
어린이들은 ‘소녀상저금통’을 모아오고
노동자는 사업장에서 교사는 학교에서
단체는 회원들과 함깨
부산시민들은 곳곳에서
정성을 모았습니다.

항쟁의 촛불이 뜨거운 2016년 12월,
우리는 시민이 승리하는
역사를 쓰고 있습니다.
부산시민이 세우는 평화의 소녀상은
이 땅에 다시는 오욕의 역사를 되풀이하지 않겠다는
할머니들의 인권과 명예를 반드시 되찾겠다는
굳은 다짐입니다.

2016년 12월 31일
미래세대가 세우는 평화의 소녀상 모금 참여자 일동

 

平 和 碑

日帝強占期、日本軍に連行されて
身も心も引き裂かれた
麗しい少女たちの悲痛な傷跡は
国が解放された後も癒されませんでした。
12.28韓日日本軍「慰安婦」合意で
再びこれらを蔑ろにしました。

我々は
戦争犯罪者たちが自分の罪を認め謝罪することを
改めて厳重に要求し
ここに平和の少女像を建てます。
「清算できなかった歴史は繰り返される。」という
教訓を建てます。

屈辱的な合意無効と
日本大使館前の少女像を守るため
その寒かった2015年の真冬
ソウルへ駆けつけて通りで幾夜かを明かした
青少年と大学生の情熱を建てます。

2016年ずっと続いた少女像1人示威
示威者に手袋を差し込んでくれて、マフラーを巻いてくれて
涙に濡れて応援を送ってくれた釜山市民の心を建てます。

ここに平和の少女像を建てようと
未来世代たちが真っ先に募金を始めました。
子どもたちは「少女像貯金箱」を集めてきて、
労働者は事業場で、教師は学校で、
団体は会員たちと一緒に
釜山市民はあちこちで
真心を集めました。

抗争のろうそくの炎が熱い2016年12月、
我々は市民が勝利する
歴史を書いています。
釜山市民が建てる平和の少女像は
この地に再び汚辱の歴史を繰り返さないという
ハルモニの人権と名誉を必ず取り戻すという
固い誓いです。

2016年12月31日
未来世代が建てる平和の少女像募金参与者一同

 

続いて、像の向かって右側の地面にある碑文「平和の少女像の説明」です。
この「平和の少女像」の細部に込められた、さまざまな意味についても説明されています。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326135728j:plain

평화의 소녀상 설명

1991년 8월 14일 김학순 할머님께서 처음으로
‘나는 일본군 위안부였다’라고 용리를 내어
일본군‘위안부’피해자였음을 밝힌 일년 후
일본군 위안부 할머님들의 수요집회가 시작되었다.

2011년 수요집회 20년을 되었고
12월 14일 수요집회 1000회를 맞이하여
일본 정부의 공시적인 사죄와 법적 배상을 바라는 마음을 담아
주한 일본대사관 앞에 처음으로 소녀상을 제작하여 설치하였다.

그리고
항쟁의 촛불이 뜨거운 2016년 12월,
이 땅에 다시는 오욕의 여사를 되풀이하지 않겠다는
할머니들의 인권과 명예를 반드시 되찾겠다는
굳은 다짐니다.

평 화 비 : 김원옥 할머님께서 직접 쓰신 글씨

새 : 평화와 자유를 상징하는 새는 하늘을 날다가 땅에 앉기도 하여 산 사람과 돌아가신
사람을 영적으로 연결 해주는 영매의 의미를 가지고도 있다.
즉, 하늘은 돌아가신 사람들의 공간이며 땅은 현실에 있는 사람이고 이를 오가는
새가 영매의 역할인 것이다.
하여 비록 지금은 돌아가시긴 했지만 마음만은 현실에 있는 할머니들과 이를
지켜보는 우리 모두와 연결되어 있다는 내용이다.

한복 입은 소녀상 : 조선의 어린 소녀들에게 일본정부가 조직적인 폭력을 자행 하였다는
것을 되새기고, 끌려 갔을 당시의 한복 입은 소녀의 모습으로 형상화 한 것이다.

할머니의 그림자 : 조각의 모습은 소녀의 형상인데 그림자는 현재의 할머님의 모습을 그려냈다.
그 사람(소녀) 의 그 그림자(할머니)인데 소녀와 할머니가 다른 사람일까?
결국 같은 사람인데 기나긴 시간이 흘러 소녀가 할머니가 된 것이다!
사과 반성 한 번 없고 지나온 세월, 할머니들의 원망과 한이 서린 시간의 그림자이다.

그림자 속의 하얀 나비 : 그 할머니의 그림자 모습 중에 가슴 부위에는 하얀 나비가 있다.
일본 정부의 사죄 한마디를 기다리며 눈비 맞아가며 수요시위를 지켜오셨는데 그 원망과
보통 나비는 환생을 상징 하는데 부디 나비로 환생 하셔서 생전에 원하셨던 일본 정부의
사죄를 받아야 한다는 생각에 할머니 그림자 가운데 하얀 나비를 넣었다.

뜯겨진 머리카락 : 당시 조선 소녀의 머리카락은 신체의 일부분으로 소중하게 생각하여
함부로 짧게 자르지 않았다.
그러나 소녀상을 자세히 관찰하면 머리카락이 거칠게 뜯겨진 모습인데, 이는 낳아주신
부모와 내가 자란 고향을 일본 제국주의로 인해 억지로 단절된 모습을 표현한 것이다.

뒤꿈치를 든 맨발 : 소녀의 발은 맨발이다.
소녀는 전쟁이 끝났지만 돌아오지 못 하거나 돌아와서도 마음 편할 날이 없었다.
내가 지은 죄가 아닌데 못할 짓을 한 것처럼 할머니들은 죄지은 마음으로 평생을 살아
오셨다.
그리고 드디어 1991년 할머니들의 용기 있는 고백이 있었으나, 대한민국 정부는
외교적인 이유를 내세워 우리 할머니들의 가슴의 한을 풀어주지 못했다.
이런 불편함을 뒤꿈치를 든 맨발 모습으로 나타낸 것이다.

빈 의자 : 여기에는 세 가지 의미가 있다.
첫 번째는 연로하신 탓에 일본 정부의 그릇됨을 고치지 못한 채 억울하게 세상을 먼저
떠나기번 할머님들의 빈 자리를 쓸쓸하게 표현한 것이다.
두 번째는 이 곳을 찾는 사람들이 소녀상 조각 옆의 빈 의자에 나란히 같이 앉아
그 당시 어릴 적의 소녀의 심정을 생각 해 보고 현재의 할머님들의 외침을 함께 느껴
보는 자리이다. 
세 번째는 할머님들께서 이 자리에 안계셔도 전쟁이 없는 평화로운 세상을 위해 여성과
아이의 인권을 위해 싸워 신 할머님의 염원을 이어 미래세대가 끝까지 항께하는
약속의 자리이다.

 

平和の少女像の説明

1991年8月14日、金学順ハルモニが初めて
「私は日本軍慰安婦であった。」と勇気を出して
日本軍「慰安婦」被害者だったことを明らかにした一年後
日本軍慰安婦ハルモニの水曜集会が始まった。

2011年、水曜集会20年となり
12月14日、水曜集会1000回を迎え
日本政府の公式謝罪と法的賠償を願う気持ちを込めて
日本大使館前に初めて少女像を製作して設置した。

そして
抗争のろうそくの炎が熱い2016年12月、
この地に再び汚辱の歴史を繰り返さないという
ハルモニたちの人権と名誉を必ず取り戻すという
固い決意である。

平 和 碑 : キム・ウォノクハルモニが直接書かれた文字

鳥 : 平和と自由を象徴する鳥は、空を飛んで地面に止まったりもして、生きる人と亡くなった
人とを精神的に連結する霊媒の意味を持ってもいる。
つまり、空は亡くなった人々の空間であり、土地は現実にいる人であり、これらを行き来する
鳥が霊媒の役割なのである。
いずれにせよ、たとえいまは亡くなったりしても、心だけは現実にあるハルモニたちと、これを
見守る私たちとつながっているという内容である。

韓服を着た少女像 : 朝鮮の幼い少女に日本政府が組織的な暴力を行なったという
ことを振り返り、引っ張られて行った当時の韓服を着た少女の姿に形象化したものである。

ハルモニの影 : 彫刻の姿は少女の形であるが、影は現在のハルモニの姿を描き出した。
その人(少女)のその影(ハルモニ)であるが、少女とハルモニが別の人であろうか?
つまりは同じ人なのに、 長い時間が流れて少女がハルモニとなったのだ!
謝罪反省が一度もなく流れた歳月、ハルモニたちの怨念と恨[ハン]がこもった時間の影である。

影の中の白い蝶 : そのハルモニの影の姿のうち、胸の位置には白い蝶がいる。
日本政府の謝罪一言を待って、雨雪に打たれながらも水曜示威を守ってこられたが、その怨念と
悲しみを晴らせずにこの世を去られた。
一般に蝶は転生を象徴するが、どうか蝶に生まれ変わっていただき、生前に願われた日本政府の
謝罪を受けなければならないとの考えで、ハルモニの影の中に白い蝶を入れた。

むしられた髪の毛 : 当時、朝鮮の少女の髪の毛は身体の一部分として大切だと考え
むやみに短く切らなかった。
しかし、少女像を細かく観察すると髪の毛が荒々しくむしられた姿であるが、これは生んでくれた
両親と自らが育った故郷を日本帝国主義によって無理に断絶された姿を表現したものである。

かかとを上げた素足 : 少女の足は素足である。
少女は戦争が終わっても帰ってこられなかったり、帰ってきても心安らぐ日がなかった。
自らが犯した罪ではないのに、罪なことをしたかのようにハルモニたちは罪を犯した心地で生涯を生きて
こられた。
そしてついに1991年、ハルモニの勇気ある告白があったが、大韓民国政府は
外交的な理由を挙げて私たちのハルモニの恨[ハン]を晴らすことができなかった。
こうした不自由さを、かかとを上げた素足の姿で表わしたものである。

空いた椅子 : これには三つの意味がある。
最初に、年老いたせいで日本政府の過ちを正せないまま無念にこの世を先に
発たれたハルモニたちの空席を寂しげに表現したものである。
二つめは、ここを訪れる人々がこの少女のそばの空いた椅子に並んで一緒に座り
その当時、幼い頃の少女の心情を考えてみて、 現在のハルモニたちの叫びを共に感じて
みる場所である。
三つめは、ハルモニたちがこの席にいらっしゃらなくとも、戦争のない平和な世の中のため、女性と
子どもの人権のために戦ってこられたハルモニたちの念願に続き、未来世代が最後までともにする
約束の場所である。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326135117j:plain

トールの間からは、現世と来世とをつなぐ霊媒の意味を持つ小鳥が覗いています。
先の碑文にもあった通り、紙は短く切られています。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326135127j:plain
固く握られた両手。碑文にはありませんでしたが、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)のHPによると「日本政府の責任回避に対する怒りであり、我々は共にするという約束と決意」との意味が込められているとあります。どなたかが置かれたチョコと日本のガムが添えられていました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326135146j:plain
碑文にもあったように、解放されてもなお周囲の偏見に晒され、韓国政府からも不誠実な対応しか得られなかった元「慰安婦」の方々の苦しみを表現するために、裸足の両足は地面からわずかに浮いています。そのため、写真のように靴下を履かせることが可能となっています。

蛇足ですが、置かれた靴の中敷にある馬のマーク(말표신발:馬印の靴)は、ここ釜山の地場履物メーカー「太和(テファ)ゴム」の製品につけられたシンボルマークです。1947年創業、一時は履物の全国シェア15~20%、業界4位にまで成長した会社ですが、その後の事業不振や工場火災などの影響により1998年に不渡りを出しています。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326135206j:plain
像の足元には、賛同の意思表示となる黄色いリボンのマスコット、そして日韓「合意」無効化を呼びかけるステッカーが配布用に置かれています。私も頂戴してまいりました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326135100j:plain
碑の建立を支援した人々や団体の名前が記載された金属板。

 

f:id:gashin_shoutan:20170326141905j:plain
隣接する草梁駅のエレベーターボックスの壁面にも、「少女像」支援を呼びかける懸垂幕が張られていました。

 

第二次大戦中の日本軍による「慰安婦」をはじめ、あらゆる戦時性暴力とその被害を記憶する「平和の少女像」。
少なくとも、当事者を完全無視した2015年12月28日のあの日韓「合意」にすら明記されていない像の撤去を執拗に求め、歴史の忘却を図ろうとする人々がいる限り、決してここから動かす必要はありませんし、決して動かしてはなりません。
実際に像を目の前にして、改めてその誓いを強くしました。

 

それでは、次回に続きます。

太白の旅[その7] - 犬もお札をくわえて歩いたという炭鉱村、そして旅の締めはやはり超うんまい「太白タッカルビ」

江原道太白市 韓国料理

前回のエントリーの続きです。

 

gashin-shoutan.hatenablog.com

  

f:id:gashin_shoutan:20170318012306j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318025018j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318025051j:plain
「太白中学徒兵記念館」を出て、元学徒兵の男性の乗用車に乗せていただきました。
その道の途中にあり、私がどうしても1か所だけ寄りたいとお願いしたのがこちらの「太白長省二重橋」。
日帝強占期の1935年に建設された石炭輸送用の施設で、上段は石炭輸送用鉄道が、下段は歩行者や自動車が通行できる二重構造となっています。一見して並列した別の橋のようにも見えますが、実は上段、下段とも同じ橋脚によって支えられています。2004年、登録文化財第111号に指定。
現在は上段の鉄道は廃止され、下段もすぐ隣に新たな道路橋である黔川橋(写真3枚目の右側の橋)がかけられており、ともに橋としての役目は終わっています。

太白長省二重橋(태백장성이중교:江原道太白市長省洞222。登録文化財第111号)

 

f:id:gashin_shoutan:20170318025417j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318025205j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318025233j:plain
ここまで来たついでと連れて行ってくださったのは、太白長省二重橋から車で2~3分の距離にある「最初石炭発見地塔」。ご覧の通り、炭鉱の竪坑櫓が塔のモチーフになっています。1926年、当時17歳の役場職員、張海龍(장해룡:チャン・ヘリョン)さんが太白で初めて石炭を発見したことを記念して、その場に立てられた塔です。発見から4年後の1930年には、ここ太白で本格的な石炭採掘が始まっています。
この塔がある黔川(クムチョン)洞は、かつて雨が降る度に川の水が黒く染まることからコムネ(黒い川の意)などと呼ばれていたそうですが、その原因はまさに地面に露出していた石炭であったわけです。
実はこちらも当初の訪問候補地のひとつに挙げていたのですが、近くを通る2番バスの本数が限られているため、どうしようか迷っていた場所でした。

最初石炭発見地塔(최초석탄발견지답:江原道太白市黔川洞山1-1)

 

そして目的地の上長(サンジャン)洞、Korail太白線の陸橋前に到着。元学徒兵の方と固い握手を交わしつつ下車します。どうかいつまでもお元気で。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318210859j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318210150j:plain
この陸橋から南西方向、かつての鉱山社宅街一帯には、一大壁画村である「上長洞壁画マウル」が展開されています。
「(上長洞)南部マウル」とも呼ばれるこの一帯は、近くにあった咸太(ハムテ)炭鉱の従業員をはじめとする鉱山労働者たちが暮らす代表的な鉱山社宅村であり、 最盛期にはその家族を含め約4,000人が居住していた町です。しかし1980年代末の石炭産業合理化政策に伴う閉山により、一人、また一人とこの町を去り、現在では最盛期の1/10程度の人々が残るばかりです。
このように日々衰退の一途にある中、石炭産業の華やかりし頃の思い出を記憶するとともに町おこしの一環として、これら社宅の壁面にかつての鉱夫たちの日常風景を描くとともに、当時の繁栄ぶりを説明する案内版をあちこちに設置しました。こうして生まれたのが「上長洞壁画マウル」であるわけです。 

 

f:id:gashin_shoutan:20170318205524j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318205555j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318025512j:plain
Korail太白線の陸橋(クルタリ)の基礎部に描かれた鉱夫の肖像。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318220417j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318220500j:plain
上長洞壁画マウルの案内地図と、壁画村として再生するまでの沿革。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318205630j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318205746j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318220432j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318205838j:plain
上長洞壁画マウルのあちこちで、これらの万ウォン札をくわえた犬の絵を見かけます。これは「マンボギ」(만복이)と呼ばれる犬で、炭鉱産業が栄えた当時「犬も万ウォン札をくわえて通る(ほどお金が有り余っている)」という伝説を元に描かれたもの。この犬を連れて帰れば「万福」(만복:マンボク)が得られるとの言い伝えから、ここ上長洞壁画マウルのマスコット的存在となっています。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211121j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318205929j:plain
こちらはの豚さんは「ヘッテジ」 (햇돼지:新物の豚)という名前で、石炭産業が栄華を極めた当時、過酷な作業ゆえの高待遇に惹かれて全国各地から集まった新人の鉱夫を指した呼び名をそのままキャラクター化したものです。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318214223j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318214307j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318214356j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318214417j:plain
ここ上長洞壁画マウルの道沿いには、鉱夫やその家族たちの往時の暮らしを紹介する案内板があちこちに立てられており、石炭産業が栄華を極めた60~80年代当時の鉱山社宅村の活気をしのぶことができます。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318210011j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318210032j:plain
さまざまな壁画で彩られたかつての鉱山社宅群。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318210325j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318205821j:plain作業中の鉱夫そのものをモチーフとした壁画の数々。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318210118j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318210055j:plain
「マクチャン」と呼ばれた坑道での過酷な労働と、炭鉱住宅での家族との暮らしという鉱夫の2つの日常をつなぐ象徴的なアイテムとしての「弁当箱」を、ここ上長洞の壁画でもよく見かけます。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318210317j:plain
鉱夫と思しき男性と子どもの肖像。子でしょうか。孫でしょうか。それとも。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211412j:plain
高台の展望台から見渡した上長洞壁画マウル。
普通の民家に壁画が描かれた街ですので当然ながら観覧は24時間可ですが、これら旧鉱山社宅の多くには現在も人々が暮らしていますので、騒いだりすることなく観覧いただくことを願います。

上長洞壁画マウル(상장동벽화마을:江原道太白市上長南ギル(黄池洞)一帯)


ほぼすべての壁画を見回った後は、Korail太白線の陸橋のそばにある「クルタリサゴリ」(陸橋四又路の意)バス停からこの日4度目となる4番バスに乗り、「自由市場」バス停にて下車。一部区間は自家用車に乗せてもらったとはいえ、これで4番バスの路線に沿って太白市内をぐるっと一周したことになります。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211501j:plain
このバス停から南西方向へ徒歩3~4分程度歩いた場所にあるのが、前日夜に寄った「金書房ネタッカルビ」 とあわせて太白タッカルビの2大名店に数えられるお店、その名もずばり「太白タッカルビ」。
実はこちら、昨年(2016年)3月の初来訪時にも訪れた店ですが、あまりにも好みの味だったうえ、前日の金書房ネと食べ比べたいとの思いからまた来てしまいました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211514j:plain
韓国の有名料理人、ペク・チョンウォン(백종원)さんがひとつの料理をテーマに全国の名店を3つ選んで紹介するSBSの人気番組『ペク・チョンウォンの3大天王』でも昨年春に取り上げられたようで、その様子のポスターが。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211520j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318211527j:plain
そしてやって来たタッカルビ(写真は3人分) 。広く浅い鉄鍋(これも太白タッカルビの特徴)に真っ赤なスープ、そしてインパクト抜群のてんこ盛りの野菜。シュンギクや長ネギ、白菜など大半は「金書房ネタッカルビ」と共通ですが、こちらはミナリ(セリ)が入らず、代わりにネンイ(ナズナ)がたくさん入っています。
かつて太白は曲がりくねった峠道でしか外部と接続しておらず、現在は片道20分程度で行ける隣の三陟(サムチョク)や古汗(コハン)へも1時間以上を要したそうです。その環境下でタッカルビの具材として容易に入手できる野菜が求められた結果、太白山の麓で採れるネンイやミナリが具に入るようになったとされています。
ちなみにこちらのお店、ネンイのシーズンでない夏季には代わりにケンニッ(エゴマの葉)が入るとのこと。こちらも食べてみたいですね。
もちろん、太白タッカルビの特徴であるサリ(麺)が最初から投入されています。今回もウドンサリを選択。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211533j:plain
徐々に火が通り、野菜がしぼんでゆきます。あたりにはおいしそうな匂いが。まずは伝統にならってウドンサリから、続いてトックとジャガイモ、そしてメインの鶏肉へ。
うんまい。
他の料理では味わったのことのない特有のコクに、骨付き肉ならではの鶏のダシが効いたスープ。10ヵ月ぶりにありつけた大好きな味に、目尻が下がります。
前日の金書房ネタッカルビもおいしかったですが、個人的にはこちらの味が一層好み(太白タッカルビは店によって味の違いが大きいと言われています)。色の割に辛さも(金書房ネよりは)控えめというのも高ポイントです。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211758j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170318211813j:plain
あっという間にあらかたの具材を食べてしまったので、次はお楽しみのポックンパ。ポックンパを食べるまでがタッカルビです。これまた、うんまい。
(これらの写真のみ昨年3月に撮影したものです。この日は撮り忘れてしまいました(^_^;)

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211539j:plain
そして、太白タッカルビのさらなる特徴というべき食後のサービス、シッケ(식혜:米を発酵させて作る韓国の甘い伝統飲料)。前日の「金書房ネタッカルビ」でも1杯いただきましたが、こちらはポットでの登場。あんまい。ポックンパを食べるまでがタッカルビ(太白・春川共通)ならば、このシッケを飲むまでが太白タッカルビといえるでしょう。

 

f:id:gashin_shoutan:20170318211546j:plain
1人分1万ウォン以上が一般的な春川タッカルビに比べ、リーズナブルなのも太白タッカルビの特徴。こちらのお店も1人分が7,000ウォンという安心価格でした。この日の会計は3人分&ウドンサリ&ポックンパ&ビール4本で36,000ウォン(約3,600円)。
「太白タッカルビ」の営業時間は11:00~21:00、不定休。こちらも「金書房ネタッカルビ」と同じく、太白駅や太白市外バスターミナルからは徒歩12~3分くらいの距離ですので(途中から反対方向)、歩いたほうが早いです。

太白タッカルビ(태백닭갈비:江原道太白市中央南1ギル10(黄池洞44-63))

 

f:id:gashin_shoutan:20170318212001j:plain
「太白タッカルビ」を出て、太白駅のコインロッカーに預けた荷物を回収し、19時20分発の東ソウル総合ターミナル行き市外バスで太白を後にします。
今回の太白(&古汗)の旅ではおよそ30時間(古汗を含めると約34時間)の滞在で、前回訪問時からの宿題だった古汗の「三炭アートマイン」の訪問&「太白石炭博物館」の満足ゆく観覧に加え、「太白山雪祭り」への参加、そして「倹龍沼」や「鉄岩炭鉱歴史村」などの主要観光地をひと通り巡ることができました。さらに前回のエントリーで紹介した「太白中学徒兵記念館」では、元学徒兵の方や職員の方々の親切に触れる予想外の出来事もありました。いまでも思い出す度に胸がいっぱいになります。
さらば太白、絶対また来るからな!


2017年1月の太白の旅は、今回で終了です。ありがとうございました。
次回からは、2017年2月の釜山の旅を紹介する予定です。

太白の旅[その6] - 天然記念物にも指定された岩を穿つ川、朝鮮戦争に志願した幼き兵士たちを記憶する「太白中学徒兵記念館」

江原道太白市

前回のエントリーの続きです。

gashin-shoutan.hatenablog.com

鉄岩駅から乗車した4番バスを、銅店(トンジョム)洞の「求門沼」バス停で下車。ここから4番バスの進行方向にちょっと歩くと、右手に「求門沼」(クムンソ)が現れます。 

f:id:gashin_shoutan:20170314222910j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170314222926j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170314223013j:plain
この「求門沼」とは、洛東江の上流である黄池川が巨大な岩を穿って、向こうの鉄岩川と合流した地点に生じた沼であり、約1億5千万年~3億年前にできたと推定されています。周囲の地層を含め「太白求門沼前期古生代地層および河食地形」として韓国の天然記念物第417号に指定。高さ20~30m、幅30m前後にも及ぶその雄大な姿に、思わず「すげぇ……」の声が漏れます。
バスの車窓からも十分に見えますが(4番バスは進行方向右側)、できれば下車してゆっくり堪能いただくことをおすすめします。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314222947j:plain
向かって左側の穴は天然ではなく、1930年代に日本が開けたもので、現在は一方通行のトンネルとして利用されています(4番バスもここを通ります)。このトンネルの向こうには、周囲の古生代地層から発掘された化石などを展示する「太白古生代自然史博物館」がありますが、今回は時間の都合でパス。いつか訪問したいものです。

求門沼(구문소:江原道太白市銅店洞498-123。天然記念物第417号)

 

三たび4番バスに乗り、今度は長省(チャンソン)洞にある「太白中学校」バス停で下車。文字通り太白中学校の最寄りのバス停であるほか、さまざまな災害の仮想体験を通じて災害対策を楽しみつつ学べる施設「365セーフタウン」もすぐ近くにありますが、さすがに大人一人では行きづらいのでこちらもパス。ちなみにこちらも黄池ヨンモッ同様「太白山雪祭り」のサブ会場となっていました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223039j:plain
正門を抜けて太白中学校の校内へ。さて今回、何の変哲もない中学校を訪問したのには理由があります。

1950年6月25日の朝鮮人民軍の南侵により勃発したことから、韓国では「6.25」(ユギオ)とも呼ばれる朝鮮戦争(韓国では「韓国戦争」と表記)。
国連軍の参戦、そして仁川上陸作戦により勢力を盛り返した韓国軍は、一時は中朝国境手前まで迫ったものの、中国人民志願軍の加勢により人民軍が再び攻勢を開始、翌年(1951年) 1月4日には再びソウルが占領されました(1.4後退)。これに危機感を抱いた太白中学校の十代後半の生徒たちが、このとき慶尚北道奉化(ポンファ)郡春陽(チュニャン)に駐留中だった陸軍3師団23連隊を訪問、入隊を志願します。年齢や身長を偽ってまで志願するその思いに心を打たれた連隊長のはからいにより、同月9日に引率教師1名と生徒127の連隊への入隊が許可されます。入隊当初は戦闘服ではなく学生服姿で戦った彼らは、半島内を転戦し功績を挙げつつ2年半後の休戦まで戦い続けますが、その中で18名の生徒が帰らぬ人となりました。
(以上、太白中学校HPの記述などを参考にしています) 

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223118j:plain
こうした史実を記録し127名の学徒兵たちを顕彰するとともに、戦死した18名を慰霊する目的で建てられたのが、今回訪れたここ太白中学校の校庭に建つ「太白中学徒兵記念館」です。
いろいろと検索したのですが、こちらの記念館を日本語で紹介したサイトは (訪問当日の私のツイートを除いて)見つからなかったので、本ブログが初の日本語での紹介となるかもしれません。
常時公開されているとのことでしたが、玄関にはなぜか施錠が。校舎の事務室へ行き職員の方に事情を話したところ、すぐに鍵を開けてもらえました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223308j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170314223653j:plain
それからしばらくは館内に一人残され、自分で照明を点灯・消灯しつつ館内を観覧するという珍しい体験をしていた中、一人のご老人が。86歳というその男性はなんと、127名の学徒兵の一人であるとのこと(帰国後に知ったのですが、生還した学徒兵たちによる組織「花白(ファベク)会」の会長でもある方のようです)。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223458j:plain
かつて学徒兵として志願し、現在の「花白会」を構成する太白中学校の男子生徒たちの顔写真。この日案内してくださった方の幼き日の写真もありました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223353j:plain太白中学校の生徒を陸軍3師団23連隊の駐屯地まで引率し、自らも志願兵となった数学教師、朴孝七(박효칠:パク・ヒョチル)氏。1975年没。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223617j:plain
太白中学校の生徒たちが奉化郡春陽に駐留中の陸軍3師団23連隊を訪問し、学徒兵として志願する様子を再現したジオラマ

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223417j:plain
太白中学校の学徒兵たちの進軍経路。太白→春陽(チュニャン:入隊)→碌田(ノクチョン)→寧越(ヨンウォル)→原州(ウォンジュ)→新林 (シルリム)→平昌(ピョンチャン)→珍富(チンプ)→麟蹄上畓(インジェサンタプ)→ヨラン→臨渓(イムゲ)→江陵(カンヌン)→ 襄陽(ヤンヤン)→束草(ソクチョ)→巨津(コジン)214高地→加七峰(カチルボン)→金化(クムファ:休戦)の順に示されています。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223517j:plain
加七峰(가칠봉:カチルボン。江原道楊口郡)での戦闘を再現したジオラマ

 

f:id:gashin_shoutan:20170314223534j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170314223555j:plain

朝鮮戦争当時、実際に使用された兵器や装備。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314225517j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170314225631j:plain
f:id:gashin_shoutan:20170314225751j:plain記念館の隣には「忠魂塔」が建立されています。周りを取り囲む兵士の人形は戦死した18名を模したもので、その足元には戦没地が記された小さな石碑が添えられています。毎年6月1日には、花白会の方々による追慕会がこの碑の前で催されているのことです。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314225811j:plain
忠魂塔の礎石には、教師の朴孝七氏と全127名の学徒兵の名前が漢字で記されています。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314225532j:plain

f:id:gashin_shoutan:20170314225840j:plain
忠魂塔の左右には、迷彩模様の装甲車が。展示用とはいえ実物の装甲車が校庭に常設されている中学校は全世界でも珍しいのではないでしょうか。


以上の展示物の写真を見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この「太白中学徒兵記念館」は学徒兵を送り出した事実を記憶しつつも、戦死者18名を含む127名の学徒兵たちの顕彰がメインであり、その意味で韓国(国連軍)側の視点にのみ立った施設です(これは韓国では仕方ないことですが)。
また武功を称える展示物のほか、玄関ロビーには軍のパンフレットが置かれているなど、決して反戦をテーマにした施設ではなく、その点では私の立場と異なる施設といえます。
しかし、朝鮮戦争が志願の形とはいえ少年たちを戦場に送らねばならなかった戦争であり、他方で間接的ではあれ日本も加担し特需を享受した戦争だという現実とは、向き合わなければなりません。加えて、南北分断の原因となった植民地支配の清算や被害者たちへの満足な謝罪はおろかその事実すら否認し、被害者たちを踏みにじる言説までもがまかり通る社会の一構成員である以上、なおさらその悲劇や被害という事実から目をそらすことは許されないとの考えから、今回の訪問を決意した次第です。

こちらの「太白中学徒兵記念館」の開館時間は9:00~15:00、土日など学休日は閉館とのこと。入場無料。市内バスは1番・4番ともに「太白中学校」バス停にて下車、太白中学校の正門を抜けてまっすぐ歩いた場所にあります。
太白中学徒兵記念館(태백중학도병기념관:江原道太白市長省路265 (長省洞109-3))


ひとつひとつの展示を懇切丁寧に説明いただいたうえ、私が日本から来た旨を伝えるとハグまでしてくださった86歳の元学徒兵の男性。この後訪問予定の場所を私に尋ねると、なんとそこまで車で送ってくださるという話に。ご厚意に甘える形となりました。
こちらの男性にはせっかく丁寧な案内をいただいたのに、私のヒアリング能力の低さのせいで、その大半を聞き取ることができませんでした。心から申し訳なく思うとともに、ただただ反省するばかりです。
こうした人の思いを無に帰することのないよう、もっともっと韓国語を学ばなければ。


太白の旅はあと1回だけ続きますが、続きは次のエントリーで紹介することとして、今回はおまけとして太白の旅の簡単なTipsみたいなものを添えておきます。

ここ江原道太白市は、人口5万人弱とは思えないほどの本数の市内バスが運行しています。中でも一連の旅レポでも頻繁に登場する4番バス(時計回り)、および1番バス(反時計回り)の両系統は太白市外バスターミナルと市内の要所要所を結ぶ循環線であり、それぞれ1日に60本以上も運行されています(およそ15~30分間隔) 。
両系統の場合、バスの車両は一般と座席の2種類があり、ほぼ交互にやって来ます(たぶん両方とも乗っているのですがいまいち違いが分かりません……)。運賃は距離にかかわらず均一で、1,200ウォン(一般)または1,500ウォン(座席) 。交通カード使用時はともに10%割引。ソウルで入手した「CITYPASS」も利用できました。

 

f:id:gashin_shoutan:20170314230906j:plain
参考までに、太白市外バスターミナルにあった時刻表の写真を添えておきます(2017年1月22日時点)。向かって左、上に「장성, 철암방면」(長省、鉄岩方面)とあるうち一番左の長い列が1番バス(反時計回り)、右の「통리, 철암방면」(桶里、鉄岩方面)とある長い列が4番バスです。
太白の市内バスは何故かどの車両も正面上部の運行表示板は使用せず、前面ウィンドウの向かって左側に、系統番号と主な経由地を示すボートを立て掛けているのですぐ分かります。

 

f:id:gashin_shoutan:20170315000711j:plain太白市内バス・1番バス(反時計回り)の路線図と、主なバス停です(カッコ内は最寄りの観光名所)。

 

f:id:gashin_shoutan:20170315000722j:plain
こちらは今回の旅で私が何度も利用した、太白市内バス・4番バス(時計回り)の路線図と主なバス停です(カッコ内は最寄りの観光名所)。

 

時間に制約のある方は、シティツアーバスを利用されるのもよいでしょう。
太白市では、次の2便のシティツアーバスが運行されています(時刻は到着予定時刻)。ともに料金は大人1名6,000ウォン(約600円:施設利用料や飲食費は含まず)。いずれも太白駅前を午前10時に発ち、倹龍沼・鉄岩炭鉱歴史村・求門沼をコースに含みます。太白の主だったみどころを効率的に巡りたい方にはおすすめです。
ただし、前日14時時点で予約が7名に満たない場合は催行中止なので要注意。
上記のリンク先(太白市庁HP)は昨年(2016年)の情報のまま更新されておりませんが、こちらのニュースによると本年も運行されているようです。

●サンタラムルタラ(산따라물따라:山伝い水伝い)コース[原則毎日運行]
太白駅(観光案内所前)10:00⇒求門沼・古生代自然史博物館10:20⇒鉄岩駅11:40⇒鉄岩炭鉱歴史村11:45⇒黄池自由市場(昼食)12:00⇒倹龍沼13:30⇒龍淵洞窟15:00⇒太白駅(降車)17:00⇒鉄岩駅(降車)17:30

●桶里五日市(통리5일장)コース[毎月5・15・25日のみ運行]
太白駅(観光案内所前)10:00⇒倹龍沼10:30⇒桶里五日市12:00⇒ドラマ(太陽の末裔)撮影場13:40⇒鉄岩炭鉱歴史村14:20⇒求門沼15:10⇒365セーフタウン16:30⇒太白駅(降車)17:30

 

それでは、次回のエントリーへ続きます。

(c) 2016 ぽこぽこ( @gashin_shoutan )本ブログの無断転載を禁止します。